トヨタ・ヴィッツを廃車予定の方のために、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

トヨタ・ヴィッツの廃車費用

トヨタ・ヴィッツを廃車予定の方へ、廃車をする前に参考にしていただける廃車に必要な費用をご紹介します。

ヴィッツの廃車手続き費用に関するQ&A

トヨタ・ヴィッツの廃車にかかる費用はいくらですか?
トヨタ・ヴィッツの廃車費用は全部で2万5千円程度になります。(時期や地域、型式によって異なります)

車体をスクラップにして廃車にする「永久抹消登録」を行う場合、

  • 解体費用に5千円
  • リサイクル料金に1万円
  • 手続き代行費用に1万円

がかかり、その合計が2万5千円となります。


「手続き代行費用」は廃車手続きの代行をしてもらうことでかかる費用なので、
自分で手続きを行えば当然費用はかかりません。


しかし廃車手続きに必要な書類は複雑かつ数が多く、
書類を提出する先の陸運局も窓口は平日のみ開いているので、
なかなか手続きを行うことが出来ないという人も少なくないはずです。
しかし手続きを行わないと税金がかかりますので早く手続きをしてしまいたいと考えて
代行業者に頼んでしまうという人が多いのです。

費用をかけずにトヨタ・ヴィッツを処分する方法

出来ることなら無駄な費用をかけることなく、スムーズに処分したいですよね。ここからは手間をかけず、廃車する方法をご紹介します。

トヨタ・ヴィッツの廃車手続きの方法

トヨタ・ヴィッツの廃車費用を抑える方法は?
ずばり、売ってしまうことができれば廃車費用を抑えられます。

売ればリサイクル料金、代行費用、解体費用は当然必要無いですし、むしろお金がもらえてしまいます。
また、廃車手続きのための複雑な書類を書くことも、陸運局窓口の時間を気にする必要もありません。
自分の好きな時間に査定をしてもらい、引き取ってもらうことができますので
通常の廃車手続きの方法を取るよりもよっぽど楽に処分することができます。

手続き方法の比較

ディーラーに持っていく
自身で購入したディーラーに持っていき買い取ってもらうという方法がありますが、あまりおすすめは出来ません。
というのは、ディーラーは基本的に管理費や手数料等が高額に設定されており買取額の伸びに期待出来ません。
また、買い取りの条件が厳しいため「ボロボロ」「壊れている」等、廃車の理由によっては買取拒否もあり得ますので、ディーラー持込の場合はあまり期待せずに行きましょう。
中古車買取業者の査定比較を行う
ディーラー以外では、中古車買い取り専門の業者があり、そこで売るという方法があります。
ディーラーよりも高く買い取ってくれる事は間違いありません。
先日、私が乗っていた9年落ち9万kmのプリウスがディーラーで5万円のところ専門業者で40万円で買い取ってもらいました。

買い取り専門業者は海外への販売ルートを持っている所が多く、日本で格安で買い取って海外で高値で売ります。
日本の車検制度は世界でもかなり厳しく、綺麗な舗装路の割合も多いことから海外では、「日本で走っていた」というだけで高く売れるのです。


まずは廃車の車でも買取査定を受けてみましょう!!

高価買取してもらう
高価買取してもらう