プリウスを廃車予定の方のために、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

プリウスの廃車費用

プリウスを廃車予定の方へ、廃車をする前に参考にしていただける廃車に必要な費用をご紹介します。

プリウスの廃車手続き費用に関するQ&A

プリウスの廃車にかかる費用はいくらですか?
プリウスの廃車費用は、2.5万円です。

その内訳は、

  • 解体費用が5千円
  • リサイクル料金が1万円
  • 手続き代行費用が1万円

で、合計2.5万円となります。


リサイクル料金は最終処分者が支払うことになっており、廃車も同じです。ただしリサイクル料金は大抵購入時に支払い済みのため、改めて支払う必要はありません。


手続き代行費用は当然、代行を行わなければ支払う必要がありませんが使うことをお勧めします。というのも、廃車の手続きは煩雑で窓口も平日の昼間しか空いておりません。その時間帯に運輸支局に向かうことのできる方なら問題はありませんが、お仕事などでその時間が空いていないという方は代行業者(行政書士など)を使わない手はありません。

費用をかけずにプリウスを処分する方法

出来ることなら無駄な費用をかけることなく、スムーズに処分したいですよね。ここからは手間をかけず、廃車する方法をご紹介します。

プリウスの廃車手続きの方法

プリウスを無料で廃車にする方法は?

中古車買取業者に売ってしまうことです。

中古車買い取り業者に売ってしまえば、最終処分者に費用負担がある「リサイクル料金」はかかりませんし、解体を行わないので解体費用もかかりません。手続きも買取業者がやってくれるので代行費用も0円です。
つまり、廃車処分を行わず売ってしまうことで廃車費用を0円にし、それどころか買取額をもらえてしまいます
ほとんどの中古車買い取り業者も365日24時間対応しているので、自分の都合に合わせて処分出来てしまうのもまたこちらにとって嬉しいポイントです。

廃車費用を抑える方法

廃車費用を抑える方法


廃車の車が売れる理由

  • 「故障している」
  • 「走行距離が行き過ぎている」
  • 「古くて汚い」
  • 「事故車」

..など、誰かが買ってくれるはずがない車になったとき、その車は廃車処分にされるケースが多いです。
しかし、そのように思っても実は買う人はいるのです

なぜ廃車の車が売れるの?

その「買う人」とは、海外の人たち、特に発展途上国の人たちです。 海外では日本の車は大人気。日本の路面状況は世界的に見ても大変綺麗で、車検制度も厳しく、国産車は耐久性にも優れます。


「日本を走っていた車」とあれば多少壊れていても、上記のようなイメージが強いため高い値段で購入する人が多いのです。廃車の車を買い取る中古車買取業者は日本でタダ同然で車を買い取り、それを海外に輸出して高値で売りぬいているのです。

もともと廃車処分に困っていた人としては廃車費用が浮き、しかも買い取ってもらうのでお金までもらえて、 買取業者としては安く車を仕入れて海外で高く車を売れる。海外の現地の人は中古で安く日本車を手に入れることができる、
といったようにみんなにとってwin-winなビジネスが出来上がっています。


どうせ車を処分をするならお金もかからず、みんなの得にもなるような処分の方法を取ってみてはいかがでしょうか?


高価買取してもらう
高価買取してもらう