車検について

車検について

車検とは、正式には『自動車継続検査』といい、略して一般的に『車検』と呼ばれています。所有している車が『道路運送車両法』に定められた『保安基準に』適合しているかどうか『検査』をします。

車検は、定期的に受ける事が法令で義務づけられています。検査によって保安基準に適合すると自動車検査証とともに検査標章(ステッカー)が交付されます。ステッカーは車検の有効期限を示すもので、車の目立つ場所に貼り付けておかなくてはなりません(前面ガラスの内側から)。

また、車検は走行時の安全・安心を証明するのに大切な検査ですが、車検と聞くと高い費用がかかるといったイメージが強いのではないでしょうか。見積書を確認しても相場がわからないという方も多いと思いますのでコチラで車検とはどのような検査項目があり内訳でどのような費用がかかっているのかを見てみましょう。

新規検査と継続検査の違い

新規検査とは、主にディーラーなどの自動車販売店などが実施する車検で、新車や登録を抹消した中古車が、ナンバープレートを付けて公道を走れるようにするために受ける車検です。新規検査は継続検査とは異なり、購入後にユーザーが行うことはありません。

継続検査とは、新車登録から3年目と以降2年ごとに行う車検です。一般に車検と呼ばれるのはこの継続検査です。

車検を受ける際に準備するもの

車検の時期が迫ると必要なものを準備しなければいけません。車検に必要な書類や書類やそれ以外に用意するものを予め知りたいという方もおられるのではないでしょうか。

また、必要となるものについても、軽自動車か普通自動車、依頼する車検かユーザー車検、とでは準備するものも違ってきます。依頼する場合よりユーザー車検のほうが準備するものが多くなってしまいますので注意しましょう。

車検を依頼する場合

指定工場または、認証工場にて車検を通して貰う場合は下記の書類を準備しましょう。

ユーザー車検の場合

自分で車検を行う場合は依頼する場合とは異なり準備するものが多くなりますが、自動車検査票・自動車重量税納付書・継続検査申請書は車検当日に窓口にて配布しておりますので受取りましょう。

ユーザー車検の手順はコチラ

車検の費用相場

車検は、大きく分けて3種類に分かれています。【車の区分に応じた料金が発生する、法定諸費用】【車検を実行するのに必要な費用である、車検基本料】【車の不調を改善するために必要な費用である、整備料金】となっています。この車検費用の内訳には、車検を依頼する店舗によっても異なってくるものもあるため費用を節約できるものがございます。ですが、法律で決まっている費用もあるので節約が出来ないものもあります。車検費用の内訳について詳しくご説明していきます。※重量税はエコカーは免税。減免適用は、50%減税されます。

重量税エコカー(本則税率) 重量税(13年未満) 重量税(13年超え) 重量税(18年超え)
軽自動車 ¥5,000 ¥6,600 ¥8,200 ¥8,800
0.5t ¥5,000 ¥8,200 ¥11,400 ¥12,600
~1.0t ¥10,800 ¥16,400 ¥22,800 ¥25,200
~1.5t ¥15,000 ¥24,600 ¥34,200 ¥37,800
~2.0t ¥20,800 ¥32,800 ¥45,600 ¥50,400
~2.5t ¥25,000 ¥41,000 ¥57,000 ¥63,000
~3.0t ¥30,000 ¥41,000 ¥57,000 ¥63,000

自賠責保険の料金表

自賠責保険とは、自動車の所有者が必ず加入しなければいけない保険のことで「強制保険」と呼ばれています。車検を通すには自賠責保険の有効であることが必須となっており、車検の時期に自賠責保険の費用をまとめて支払いします

自賠責保険(37ヶ月) 自賠責保険(36ヶ月) 自賠責保険(25ヶ月) 自賠責保険(24ヶ月)
軽自動車 ¥27,330 ¥26,760 ¥20,310 ¥19,730
普通乗用車 ¥27,770 ¥27,180 ¥20,610 ¥20,010

車検は、購入時を除いた初めての車検は3年後、以降は2年後なので、自賠責保険も基本的には36ヶ月・24ヶ月の金額をまとめて支払う必要がありますが、有効期間満了のタイミングによるズレ・車検切れでのズレが起きた場合の調整分として37ヶ月・25ヶ月の場合の記載をしています。

法定費用の印紙代とは?

車検の見積書や明細に記載されている印紙代とは何かご存知ですか?印紙代とは検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の代金なのです。

印紙は国に、証紙は地方自治体に支払った税金や手数料を納めたことを証明する証票のことで、運輸局は車検の際に窓口で印紙と証紙を貼った納付書を提出することで、国や地方自治体に手数料を支払ったことを確認できます。

印紙代は車検を受ける場所によって少し異なります。車検を受ける場所は2パターンあり、指定工場か認証工場のどちらかになります。

OSS【自動車保有関連手続きのワンストップサービス】のオンライン申請で、車に関するさまざまな手続きをそれぞれの窓口に出向くことなく、一括で済ませられるようになりました。車検でOSS申請を利用できると、新規検査と継続検査の印紙代が割引されます

指定工場

指定工場とは地方運輸局長によって指定を受け、車検そのものを実施できると認められた整備工場のことで、民間車検場とも呼ばれています。ディーラーや車検専門業者のほとんどが指定工場です。指定工場で車検を受けた際の印紙代は車種問わず1,200円です。指定工場は保安基準適合証を交付することができるため、証紙代はかかりません。

認証工場

認証工場は、地方運輸局長による認証を受けた整備工場で車の整備はできますが、車検の検査用設備がないため、運輸支局に車を持ち込んで検査を受けることになります。認証工場の場合は印紙代の他に車検の検査費用の証紙代がかかり、車種によってその証紙代が異なります。

なお、業者を利用せずに自分で運輸支局に持ち込んで車検を行う、いわゆるユーザー車検の印紙代と証紙代は、認証工場と同額です。

車検依頼する業者によって費用は異なります

車検を依頼できる業者となると、ディーラー・中古車販売店・民間整備工場・車検専門店・カー用品店・ガソリンスタンドあたりになりますが、この中でも車検費用は場所によって大きく異なります。

車検費用の金額の差は1~10万円+法定諸費用となっており、金額が異なる大きな内訳としては店舗により設定されている車検基本料・工賃・車検を通す車の状態によってかかる部品代です。

車検を依頼する業者を選ぶだけでも、迷ってしまいますよね。それぞれの車検業者の料金や技術面など選び方の参考になるよう車検業者の徹底比較を行っていますので是非、参考にしてみてくださいね

車検業者の徹底比較!