車検に必要となる書類について

車検に必要となる書類について

車検の時期が迫ると必要なものを準備しなければなりません。ディーラーや中古車店、車検専門店等に車検の依頼をする場合とユーザー車検では必要となる書類も異なってきます。

車検業者に依頼する場合は車検証や自賠責保険証明書などが必要となりますが、ユーザー車検では自動車検査証などの他にも必要なものが増えます。

車検の際に必要となる書類について、各書類のご説明と紛失してしまった場合の対処法など書類に関することをまとめていますので、参考にしてくださいね。

自動車検査証

自動車検査証

※Clickすると大きく表示されます。

自動車検査証とは、この車の持ち主は誰でどのような車か。を第三者に証明できる書類ことで、俗に車検証と呼びます。道路運送車両法が定める自動車保安基準(安全管理・公害防止を目的とした装備・装置が備えるべき基準)を満たした車を証明する公的文書です。道路運送車両法によって車検証は必ず車内に携帯しておかなければいけません。不携帯の状態で走行すると、罰金50万円以下の刑罰が科せられてしまいます。

車検証の所有者名・住所等が印鑑証明書の情報と異なる場合

車検証に記載されている所有者や住所の情報は、印鑑証明書の情報と一致していなければいけません。情報が違っている場合は、通常の廃車手続き書類に加えて住民票等の提出が必要となります。

車検証の所有者の欄がローン会社または、法人名義の場合

所有者が個人ではなくローン会社、法人になっている場合には、通常の廃車手続きに必要な書類に加えて、所有者の印鑑証明書と、所有者の譲渡証明書と、所有者の委任状の3点が必要となります。もし住所が異なる場合には、さらに登記簿謄本も必要となります。

所有者が亡くなってしまった場合

所有者が既に亡くなっている場合には、通常の廃車手続きに必要な書類に加えて、戸籍謄本、除籍謄本、遺産分割協議書、印鑑証明書もあわせて必要になります。 戸籍謄本は相続人全員の記載があるものである必要がります。また、除籍謄本には所有者の死亡が記載されている必要があります。遺産分割協議書には、相続人全員の記入押印がなされており、代表相続人のみ実印が押印されていることが必要です。印鑑証明書は代表相続人(1名)のものです。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法という法律により、原則すべての自動車および原動機付自転車の所有者に加入が義務づけられている損害保険のことでその保険に加入していることを表す証明書になります。自賠責保険は通称、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は加入することが法律で義務となっています。未加入の場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点と大変厳しい罰則が設けられています。また、自動車に積んでいないだけで30万円以下の罰金とも定められていますので、必ず車検証と一緒に携帯しておきましょう。

自賠責保険を紛失・汚損してしまった場合

自賠責保険証明書を再発行したい時は、加入してる保険会社もしくは代理店で行いましょう。手続きにあたっては再交付申請書(保険会社でもらえます)、印鑑、身分証明書が必要。費用は特にかからない場合がほとんどです。

自動車納税証明書

自動車納税証明書

自動車納税証明書は、自動車税を納めたことを証明するための書類のことです。車検を受けるにはまず、自動車税を納めている必要があります。自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している人へ課税される税金です。郵送されてくる納付書に納税証明書もついていますので、支払い後は紛失してしまわないよう保管しておきましょう。

納税証明書を紛失してしまった場合

紛失した場合は、再発行の手続きを行います。普通車の場合は、各都道府県の自動車税事務所や支所などで手続き可能です。軽自動車の場合は、市区町村の役所の税務課が再発行の窓口になります。車検証や本人確認のための身分証明書などが必要です。また、現在では電子化が進み、自動車税を納付後2~4週間程度経過している場合には提出を省略可能です。

自動車検査票【ユーザー車検】

自動車検査票

※Clickすると大きく表示されます。

自動車検査票は、検査場で車検を受ける際の検査項目が記載されている用紙で、ユーザー車検を受ける当日に窓口にて配布している書類です。予め用意が必要な書類ではありませんが、検査時には必要となりますのでどのような書類かを理解しておくと良いでしょう。

軽自動車-自動車検査票

軽自動車-自動車検査票

※Clickすると大きく表示されます。

軽自動車の自動車検査票の見本はコチラになります。
普通自動車同様、自動車検査票は検査場で車検を受ける際の検査項目が記載されている用紙で、ユーザー車検を受ける当日に窓口にて配布している書類です。予め用意が必要な書類ではありませんが、検査時には必要となりますのでどのような書類かを理解しておくと良いでしょう。

自動車重量税納付書【ユーザー車検】

自動車重量税納付書

※Clickすると大きく表示されます。

自動車重量税納付書とは、その名前の通り車体本体の重量に対する税金です。自動車重量税は車検時にまとめて納めなければいけません。車検を業者に依頼する場合は車検費用として請求されますが、ユーザー車検の場合は窓口にて支払う必要があります。支払い方法は現金となっており重量税分の印紙を購入することになります。

軽自動車-自動車重量税納付書

軽自動車-自動車重量税納付書

※Clickすると大きく表示されます。

軽自動車の自動車重量税納付書の見本はコチラになります。
普通自動車同様、自動車検査票は検査場で車検を受ける際の検査項目が記載されている用紙で、ユーザー車検を受ける当日に窓口にて配布している書類です。予め用意が必要な書類ではありませんが、検査時には必要となりますのでどのような書類かを理解しておくと良いでしょう。

継続検査申請書【ユーザー車検】

継続検査申請書

※Clickすると大きく表示されます。

継続検査申請書は、車検が通った場合に新しい車検証を発行する際に必要なOCR用紙のことを言い、車検が終わったこの継続検査申請書を使いコンピューターに読み込ませます。更新された情報が新たに車検証へと印字されます。継続検査申請書も車検日当日に窓口にて配布されていますので受け取りましょう。

定期点検整備記録簿【ユーザー車検】

定期点検整備記録簿

※Clickすると大きく表示されます。

定期点検整備記録簿とは、12ヶ月法定点検や24ヶ月法定点検を行った際に点検結果を記録する用紙のことで、車検時に提出を求められますので、事前に準備をしておきましょう。法定点検は、道路運送車両法という法律で自動車の所有者に受けることが義務付けられている点検のことです。車検証などが入っているファイルに一緒に保管されていることが多いので確認しましょう。