車検登録・ユーザー車検について

車検登録・ユーザー車検について

正式名称は、自動車検査登録制度といいます。自動車で公道を走るには、国が定めた安全基準にクリアする必要があります。法律で義務付けられていますので定められた期日内に検査を受ける必要があります

車検の罰則について、”車検が切れた”だけでは罰則等はありせんが、”車検の切れた車で公道を走行”すると道路運送車両法違反となり、違反した場合の罰則・罰金が課せられます。

6点の違反点を加算(行政処分)
30日間の運転免許停止(行政処分)
6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金(刑事処分)

違反点数(行政処分区域)であれば、免停明けや違反者講習受講後に点数はリセットとなりますが、前歴は一定期間残ることとなります。

車検とは

車検を受けるには国で定められている機関で行う必要があります。一般的である、ディーラーやカー用品店へ依頼する車検は必要書類と車両を一定期間預け、しっかりと検査を行い、修理等が必要であればそのまま任せることが可能となっています。

車検を受けるには大きく分けて2パターンあり、ディーラーや整備工場に依頼する車検と、自分で点検を行い車検を通すユーザー車検があります。車検とユーザー車検について詳しくご紹介していきます。

車検登録

  1. 車検登録(正式名称:自動車検査登録制度)について、コチラの記事で詳しくご説明しています。車検登録をする際に必要となる書類や、実際に車検依頼する際の詳しい手順についてご紹介しています。

    詳しくはコチラ

  2. 車検登録について

ユーザー車検

  1. ユーザー車検についてコチラの記事で詳しくご紹介しています。一般的な車検とは違い自分で車両の点検を行いますので、点検項目や検査の流れをしっかりと把握しておく必要があります。

    詳しくはコチラ

  2. ユーザー車検について

車検にかかる費用

車検にかかる費用は大きく分けると、【法定費用】・【車検基本料】・【部品交換代】の3つ分けられています。法定費用は国で定められているため、車種ごとに一律料金となっておりますが、車検基本料と部品代に関しましては、車検を受ける場所や車両の状態によっても大きく異なってきます。

詳しい車検料金、部品交換にかかる相場のご紹介をしておりますので、車検費用を知りたい方は是非、参考にしてみてくださいね。

また、ユーザー車検でかかる費用は依頼する場合と異なり、基本的には法定費用のみとなっています。ですが、劣化している部分の修理や交換となると部品代は必要となるので、部品の修理相場に関してもコチラでまとめていますので、参考にしてみてください

車検費用の相場ついてはコチラ

車検に必要なもの

車検の時期が迫ると必要なものを準備しなければいけません。車検に必要な書類や書類やそれ以外に用意するものを予め知りたいという方もおられるのではないでしょうか。

また、必要となるものについても、軽自動車か普通自動車、依頼する車検かユーザー車検、とでは準備するものも違ってきます。依頼する場合よりユーザー車検のほうが準備するものが多くなってしまいますので注意しましょう。

廃車手続きを行う場合、注意点としましては業者によっては廃車手続き代行費用がかかる業者もあります。代行費用によっては自分で行なったほうがやはりお得になる場合もございますので、公式ページまたは問い合わせをし、必ず確認するようにしましょう!

おおまかな手続き手順をご紹介しましたが、更に詳しい手順や手続きにかかる費用について知りたい方はコチラをご確認ください。

車検に必要な書類について

車検業者を探す

業者を探す

車検業者というと、ディーラーやカー用品店、車検専門業者やガソリンスタンド、整備工場などで依頼することになりますが、車検を依頼するにも全国でたくさんの業者が存在します。
どこの業者に頼めばよいのか、また、費用も依頼する業者によってかなり異なります。
どのように車検業者を選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか?お住いの地域からおすすめの車検業者をお探しいたします

車検のQ&A

車検に関するよくある質問についてご紹介していきます。車検に関する質問の中では、車検が切れてしまった車を車検に通す方法や車検は早くていつから受けることが出来るのか、また、自分で車検を行う方法について多く寄せられています。

Q

車検がすでに切れている場合は公道を走れません。車検切れの車を運ぶ対処法は2パターンあり、1つ目は”自動車臨時運行許可制度”というものがあり、各市町村の役場で仮ナンバーを発行してもらえますので、取得したナンバーを付け工場に持っていく方法。2つ目は車検を依頼するディーラー・店舗に車検が切れている旨を伝え、キャリアカーなどで運搬して貰う方法となりますが、運搬してもらうと費用負担が増えてしまうため、仮ナンバーを取得方法が一般的といえます。

Q

車検証に記載されている”検査満了日”の40日前から車検を受けることができます。また40日前に車検を受けたとしても、車検期限満了日から2年間有効ですので、損をすると言ったことはありませんのでご安心くださいね。

Q

車検の検査項目は主に6項目となっており、チャイルドシートは検査の対象とはならないため車検にの際はつけておいて問題はありません。ただし、車検を依頼する際は業者によってはは清掃サービスなどにより外してくださいと言われる場合もあるようです。また、荷物に関してもティッシュやクッション等の荷物に関しては車検を通す際に問題にはなりませんが、重いものなどは検査に影響が出るため降ろしておきましょう。

Q

車検は区分別に料金が大きく異なりますが、ざっくりと言ってしまうと、ユーザー車検は自分で車検を行うことが出来るため費用も節約できます。また、車検専門店等は車検に通る最低限の検査のみを行っているので、ディーラー車検よりは、はるかに費用を抑えることが出来るでしょう。ですが、車検のクオリティ・信頼・安全性を考えるとディーラー車検が一番、質が良いものとなっています。

Q

自動車税が未納な場合、車検を受けることはできません。また、駐車違反等で反則金を払っていない場合も同様に車検を受けることができないのです。”車検拒否制度”といい平成18年6月1日から施行されています。期間内に違反金を納付すれば問題ありませんが、違反金を滞納することで車検拒否の対象となってしまった場合は違反金を納付して都道府県指定の金融機関などが発行する領収書を、運輸支局などに提示する必要がありますので、車検拒否の対象にならないよう、速やかに支払いを済ませましょう。