名義変更手続きの手順について

名義変更手続きの手順について

名義変更手続きの手順について、なるべく分かり易く解説するために自分で行う場合と代理で依頼する場合それぞれ分けて手続きの流れを書いてみました。

引っ越しや名義が変わっている場合など、必要書類が変更になりますのでしっかりと確認しておきましょう。

名義変更の手続きの流れについて

実際に、名義変更の手続きを行う際の手順について詳しくご紹介していきます。普通自動車と軽自動車の手続きに大きな変わりは有りませんが車の状況によっては異なる場合もありますのでご注意ください。

    名義変更を手続きの当日のながれ

  1. 運輸支局で用紙の入手、印紙の購入

    1.運輸支局で用紙の入手、印紙の購入

    運輸支局の窓口で、申請書等の配布されている書類を受け取り、必要項目に情報を記入していきましょう。記入方法は窓口あたりに見本がありますので参考にしましょう。必須項目が書けたら、運輸支局場内の印紙販売窓口で、登録手数料分の印紙を購入します。購入した印紙を手数料納付書に貼り付けます。

  2. 窓口へ書類提出~車検証の交付

    2.窓口へ書類提出~車検証の交付

    必要書類をすべて窓口に提出し、不備がなければ即日に新しい車検証が交付されます。受け取ったら記載ミスが無いかを必ず確認しましょう。運輸支局場内の自動車税事務所などの税申告窓口に、変更後の車検証と自動車税の申告書を提出し情報が変わったことを伝えると、今後の通知書等を現住所へ送られるようになります。

  3. ナンバー変更の手続きも同時に行う場合

    3.ナンバー変更の手続きも同時に行う場合

    書類の準備ができたら運輸支局内にある返納窓口にナンバープレートを返納し、新しいナンバープレートを交付窓口にて購入をします。この際取り付けするようにビス等を貸し出してもらえるので自動車へ装着します。また、希望ナンバーや図柄ナンバーを事前に申請していた場合も交付窓口にて受け取ります。

  4. ナンバープレートの封印

    4.ナンバープレートの封印

    取り付けが完了したら、最後にナンバープレートの封印を行います。運輸支局内の封印取付所へ行き車検証と自動車の情報が一致していることが確認できたらリアナンバーに封印が施されます。封印をせずに走行すると違反となりますので、必ず封印を取り付けてもらいましょう。

名義変更にかかる費用について

名義変更をする際には、運輸支局に行き窓口で手続きをする必要があります。他県の販売店で自動車を購入した際など、名義変更に時間がかかってしまうケースもあるかと思います。

そんな時に名義変更の手続き代行依頼をすれば、運輸支局へ出向く時間と労力を無くすことができます。

名義変更の代行依頼をする際の費用についてそれぞれかかる相場をご紹介します。