住所・名義等の登録変更について

住所・名義等の登録変更について

車の書類の中でも必要不可欠なものといえば車検証ですよね。車検証には車の情報だけでなく、所有者と使用者の氏名、住所が明記してあり、車に関する情報がまとまっている重要なです。そのため、引っ越しや結婚等で住所・名義が変更せれた場合、必ず変更登録を行わなければいけません。

住所・名義の変更があったとき、手続きを済ませないまま放置していると後々、大変面倒なことになってしまうこともあるのです。

こちらでは、住所変更・名義変更の登録手続きについて詳しくご紹介していきます。

住所の変更登録について

引っ越しなどで住所が変わった場合、原則15日以内の住所変更(変更登録)手続きが必要とされています。車検証情報を変更しないことによるデメリットは多いため必ず放置せず変更手続きを行いましょう。

住所の変更手続きは特に難しいことはありません。普通自動車を所有している方は、新しい住所を管轄する運輸支局で手続きを行い、軽自動車の方は管轄の軽自動車検査協会に向かい手続きをしましょう。

住所の変更登録の必要書類

普通自動車の住所変更手続きに必要となる書類はこちら

軽自動車の住所を変更する場合の必要書類はこちら。軽自動車は住民票ではなく印鑑登録証明書でも手続きが可能となっています。

実際に、住所変更を行う場合の当日の手続きの流れや、住所変更に費用について詳しくご説明しています。

住所変更の詳しい手順について

名義の変更登録について

車の所有者が変わった際に行う手続きであり、正式には「移転登録」といいます。住所変更の時と同様に、家族や知人にから車を譲り受けた場合や、結婚等で氏名の変更があった場合も名義変更の手続きを行わなければいけません。

名義の変更登録の必要書類

普通自動車の住所変更手続きに必要となる書類はこちら

軽自動車の住所を変更する場合の必要書類はこちら。軽自動車は住民票ではなく印鑑登録証明書でも手続きが可能となっています。

実際に、名義変更を行う場合の当日の手続きの流れや、名義変更に費用について詳しくご説明しています。

名義変更の詳しい手順について

住所変更・名義変更に関するQ&A

住所変更・名義変更に関するよくある質問についてご紹介していきます。変更手続きについて、変更期間を過ぎてしまった場合の対処法や、手続きを放置した場合のデメリットなどが、多く質問に挙げられています。

Q

車検証の住所変更をしないままでいると、法律違反となってしまいますので、速やかに手続きを行いましょう。そのまま放置していると、自動車税納付書が前の住所に届き滞納してしまったり、車を手放す時に車検証の住所と現住所の違いについて書類を用意し証明する必要が出てきますので様々な手間がかかります。また、住所変更の必要性を知っているにも関わらず放置していると10万円以下の罰金の支払いが生じることもありますので手続き関係はできる限り期限内に済ませましょう。

Q

住所変更が行われていない場合、税金の納付が遅れたり必要な情報が届かなかったりといったリスクがあります。税金の納付書やリコール情報は車検証に記載されている住所へ郵便での通知が届くので必要な情報を得られません。また情報が異なることによって自賠責保険の適応がされない場合もあります。

Q

自動車名義変更しないまま事故を起こした場合、車検証記載の所有者に責任追及されるおそれがあり、自動車の税金も車検証記載の所有者に請求されてしまいます。車を譲り受けた場合など法律上15日以内に手続きをしないと罰則が課せられてしまいます。自動車の変更手続きは期日内に出来る限り速やかに行いましょう。

Q

車検が切れた普通車は名義変更ができません。そのため、名義変更する場合はまず車検を通す必要があります。軽自動車に関しては、車検が切れていても名義変更が可能です。