解体届出・輸出抹消について

解体届出・輸出抹消について

解体届出とは、一時抹消登録後に車体を解体した場合に行う手続きの事です。 一時抹消登録後の解体届出には、一時使用中止を意味する一時抹消登録(自動車検査証返納届)の手続きを行い、その後に車を解体した場合に「解体届出」の手続きが必要となります

こちらも一時抹消・永久抹消の時と同様に、手続きには事前に準備が必要なものから運輸支局内にて入手するもの、とありますのでその点についても詳しくご紹介していきます

自分で解体届出を行う場合の手順

解体届出は管轄する運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)にて手続きを行いますが、手続きには事前に準備しておくものと、当日に準備するものがございます。

 ▼. 事前に準備しておくもの

運輸支局(または、軽自動車検査協会)に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきましょう。

ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合は、理由書というものが別途必要となってきますので、窓口にて受け取りましょう。

 ▼. 当日、窓口にて配布されているもの

解体届出の手続きは、すでに一時抹消登録が済んでいることもあり、解体した証明があればすぐに行うことが出来ます。

自分で輸出抹消登録を行う場合

輸出抹消登録とは、転勤などで日本で使用していた自動車を海外に持って行きたい、または中古車として海外で販売をする等、船積みの予定がある自動車が行わなければならない手続きとなっており、手続きに関しては特に難しい事も無いため自分で行うことが出来ます

すでに一時抹消登録を行っている場合は【輸出予定届出証明書】が必要となり、一時抹消登録をしていない場合は【輸出抹消仮登録証明書】が必要となりますので、それぞれの状況に合わせて申請書を提出しましょう。

 ▼. 輸出抹消仮登録証明書の手続きに必要となるもの(廃車手続きと同時に輸出抹消の手続きをする場合)

 ▼. 輸出予定届出証明書の手続きに必要となるもの(すでに一時抹消が済んでいる場合)

運輸支局(または、軽自動車検査協会)に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきましょう。

 ▼. 当日、窓口にて配布されているもの

印紙販売窓口で350円の印紙を購入したら、手数料納付書に張り付けておきましょう!

廃車手続きの書類解説はコチラ

軽自動車は輸入出来ない国もある

軽自動車輸入禁止

国によって自動車に関する規格が定められています。
日本特有である軽自動車に関しては、衝突安全性の観点から走行を禁止されている国もあります。
国によって自動車に関する規格が異なっているため、輸出先の国で、お持ちの愛車が使用できるのかを事前に調べる必要があるのです。