永久抹消登録について

永久抹消登録について

永久抹消登録とは、車を二度と使用しない場合にのみ行う手続きです。永久抹消を行うことで自動車重量税の還付金も受け取ることができます。

一時抹消登録との大きな違いとしては、抹消には永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消仮登録の3種類がありますが、永久抹消登録は解体を前提とした手続きとなります。一時抹消は再度登録をすることで再び自動車の使用が出来るようになりますが、永久抹消は解体をしているので二度と使用できません。

一時抹消登録と永久抹消登録とでは、必要書類や手順が異なりますので、ここでは永久抹消登録をご自分で行われる方向けに、運輸支局での流れや注意点などを掲載しています。また、永久抹消登録を代理で依頼する場合についてもご紹介しています。

自分で永久抹消登録を行う場合

一時抹消登録は管轄する運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)にて手続きを行いますが、手続きには事前に準備しておくものと、当日に準備するものがございます。

 ▼. 事前に準備しておくもの

運輸支局(または、軽自動車検査協会)に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきましょう。

ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合は、理由書というものが別途必要となってきますので、窓口にて受け取りましょう。

 ▼. 当日、窓口にて配布されているもの

印紙販売窓口で350円の印紙を購入したら、手数料納付書に張り付けておきましょう!

永久抹消登録を代理で依頼する場合

一時抹消登録を依頼する事も可能で、中古車販売店や行政書士等に依頼すると代理で手続きを行ってくれます。その場合はやはり代行費用はかかりますので事前に確認しておくようにしましょう。

廃車手続きは、難しい手続きでは無いため自分で行うことも容易ですが、運輸支局(または、軽自動車検査協会)は平日しか受付を行っていないためお仕事等で平日は忙しい方は予定を開ける必要がありますね。

廃車手続きの書類解説はコチラ