岩手県の車の手続きは廃車手続き.name!

岩手県で廃車手続きを行う場合のご案内

岩手県内で、長く同じ車に乗ってきたという方の中には車の故障や経年劣化により足回りにガタが来たり、エンジントラブルが置きやすくなってしまうということがあります。このように、中古車としての再利用が難しくなってしまった車は廃車をしようと考える方も多いのではないでしょうか。

廃車をしたことがない方は、廃車の流れや、廃車手続きに必要な書類のこと、廃車にかかる費用などがわからず不安という方もいらっしゃると思います。
こちらでは、岩手県で廃車するときの流れや、廃車手続きに必要な書類、また廃車にかかる費用についてご紹介しています。初めて廃車をする予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

岩手県内で廃車を行う時の流れ

こちらでは、岩手県内で車を廃車するときの基本的な流れをご紹介します。

廃車手続きに必要な書類を用意

廃車予定の車の解体を依頼、ナンバープレートをカット

廃車に必要な書類とナンバープレートを持って管轄の運輸支局で廃車手続き

廃車手続きに必要な書類は、車の所有者ごとに異なります。所有者の方が亡くなってしまい遺産として相続された車も、相続人によって廃車手続きをすることは可能です。中でも相続された方が運転免許を持っておらず車を利用することがないときや、車の保管場所がないため早めに廃車をしたいと考えている方もいらっしゃると思います。

ただし、遺産として相続した廃車する車が普通乗用車の場合は、手続きに必要な書類が複雑になることも多いので、前もって譲渡を受けて名義変更をおこなっておくことをおすすめします。

遺産相続した車の廃車は、相続権がある方によって協議を行い、相続人の代表者が廃車手続きをします。遺産相続に関する廃車手続きの書類についての質問については、このベージの後半にあるQ&Aにてお答えしていますので、参考にしてみてください。

車の廃車手続きに必要な書類を揃えることが出来たら、次は車本体の解体処理が出来る業者へ依頼します。車の解体を依頼出来る業者は、都道府県知事より車の解体許可を得ています。

解体業者へ車の解体を依頼できたら、その際にナンバープレートを取り外してもらえるように依頼してください。廃車手続きに必要な書類と、取り外してもらったナンバープレートの準備が出来たら、管轄の運輸支局へ持参し、廃車手続きを行います。

岩手県内で廃車する時の廃車手続き Q&A

実際に車を廃車にすることになると、色々な疑問が出てくると思います。こちらでは、岩手県内で廃車手続きを予定している方からの質問にお答えします。岩手県で廃車をお考えの方は参考にしてみてください。

Answer

亡くなった父の車を相続することになりましたが

父が亡くなり、先に母も亡くなっていたため相続することになりました。しかし、普段も車を利用する事がなく、車の保管先もありません。車自体も車検が切れてそのまま置いていた車だったようです。エンジンがかかるかもわからない状態ですが、廃車は可能でしょうか?

Answer

ご家族の車を相続された時の廃車に必要な書類について、こちらでご紹介します。

今回のように亡くなられたお父様の車を相続された際、まず相続権は奥様であるお母様とお子様がいらっしゃる場合、お父様からみて第二親等にあたる御家族に相続権があります。ただし、お母様も亡くなられていて、ご兄弟がいらっしゃらずお子様がお一人の場合は、お子様による単独相続となります。

このときに必要な書類の準備は、 お父様とお母様が亡くなっていることが表示れているお二人の除籍膳本と、 ご家族のつながりが表示されているお父様を筆頭とした改正原戸籍、そして今回単独相続をされるお子様の印鑑登録証明書と、 その登録されている実印の準備が必要です。

保管する場所がない方は廃車をお急ぎの方もいらっしゃるかもしれません。遺産相続による廃車は、相続権なども含めて協議が必要になったりと複雑になることもあります。ご自身で手続きを行うのではなく、廃車手続きの代行業者へ依頼することも一つの手段として考えることをおすすめします。

Answer

事故をおこしてしまい急きょ廃車することに

事故を起こしてしまい、物損事故で大きな損傷を受けたことで完全に廃車するしかない状態になってしまいました。 まだローンが残っている車でしたが、廃車はできるのでしょうか。

Answer

ディーラーでローンを組み車を購入した方は、ローン残債が残っている状態では、廃車に必要な書類をディーラーから取得することは難しくなっています。基本的に残債のある車は書類を出して貰えません。
ただし、今回のように事故で中古車としての利用も出来ず、廃車解体をするしかないクルマを前提とした状態の場合はローンを組んだ相手へ相談してみましょう。

事故を起こしてしまったことで、新しく車に乗り換える場合は、同じディーラーで車を買い換えることでローンも次の車に借り換えしてもらうことができる場合があります。ディーラーローンを組んでいる場合の廃車は、所有者であるディーラーに廃車の了承を得なければ勝手にすることが出来ませんので、気をつけましょう。

岩手県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

岩手県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。

岩手県内の車両登録ごとの管轄区域、手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

東北運輸局 岩手運輸支局

岩手県内で岩手ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、岩手運輸支局です。

所在地

〒020-0891

岩手県紫波郡矢巾町流通センター南2丁目8番5号

電話番号 050-5540-2010
ナンバープレート 岩手ナンバー
管轄区域 岩手県全域

岩手県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

岩手県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。

岩手県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 岩手事務所

岩手県内で岩手ナンバー、盛岡ナンバー、平泉ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、岩手事務所です。

所在地

〒020-0842

岩手県盛岡市湯沢16地割15-10

電話番号 050-3816-1833
管轄区域
岩手ナンバー
宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、陸前高田市、釜石市、二戸市、岩手郡、和賀郡西和賀町、気仙郡住田町、上閉伊都大槌町、下閉伊郡、九戸郡、二戸郡一戸町
管轄区域
盛岡ナンバー
盛岡市、八幡平市、滝沢市、紫波郡
管轄区域
平泉ナンバー
一関市、奥州市、胆沢郡金ヶ崎町、西磐井郡平泉町

岩手県内で廃車するのに必要な費用

岩手県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー・管轄内ナンバーどちらも変わりません。

廃車のレッカー費用は、走行が可能な動く車で、車検も残っているという場合、直接業者へ持ち込みをしてやりとり出来ることもあります。持ち込みを行うことでレッカー費用をかけずに廃車が可能になります。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続き書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円~約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円~約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円~約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円~

岩手県内で廃車する時に必要な費用平均は、約20,000円~約30,000円となります。

岩手県の市区町村