廃車手続きについて

廃車手続きについて

車の処分・売却を考えた場合、どの方法で廃車にすればよいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

"廃車"と言っても自分で行うのか、または廃車買取を専門に行っている業者も存在し、手続きを行う方法が多様化し、インターネットでは情報が溢れかえっています。

当サイトでは廃車手続きについて、どこよりもわかりやすく、それぞれの状況に合わせた廃車方法についてご紹介していきます。

廃車手続きの基礎知識

廃車というのは、現在所有している自動車の車籍を抹消することを言います。車籍とは、自動車にとっての”戸籍”のようなものです。

廃車手続きを怠ると使用していないのに税金を支払わないといけなくなってしまったり、デメリットが多く存在します。廃車は解体をしたら廃車完了ではなく、その車籍を抹消する正式な手続きを行わないと廃車とは言えないのです。

廃車の抹消登録の手続きには大きく分けて『永久抹消登録』『一時抹消登録』の2種類があります。それぞれの抹消登録について詳しくご紹介していきます。

一時抹消登録

  1. 一時抹消登録について、コチラの記事で詳しくご説明しています。一時抹消は、長期出張や海外渡航等で自動車を一時的に使用しない場合に行う手続きです。

    一時抹消登録手続きを”自分で”行う場合、手続きを”代行依頼”する場合とでは、必要となる書類・手順が異なってきます。

    詳しくはコチラ

  2. 一時抹消登録について

永久抹消登録

  1. 永久抹消登録について、コチラの記事で詳しくご説明しています。永久抹消は解体した車にのみ行うことが出来る手続きです。

    永久抹消登録手続きを”自分で”行う場合、永久抹消手続きを”代行依頼”する場合とでは、必要となる書類が手順が異なってきます。

    詳しくはコチラ

  2. 永久抹消登録について

解体届出・輸出抹消について

一時抹消登録・永久抹消登録が一般的に行われる廃車手続きですが、一時抹消登録後に解体を行った場合に取らなければ行けない手続きを解体届出と言います。

また、海外へ車を輸出する際に必要となる輸出抹消もございます。”廃車”と言っても様々な手続きがあるのです。

解体・輸出抹消

  1. 解体届出・輸出抹消について、コチラの記事で詳しくご説明しています。解体届出・輸出抹消等の手続きを自分で行う場合、手続きを代行依頼する場合とでは必要となる書類が異なってきます。また詳しい手順についても解説しています。

    詳しくはコチラ

  2. 輸出抹消について

廃車手続きの必要書類

廃車の抹消登録を行うためには必要となる書類を揃え、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)にて手続きをする必要があります。

抹消登録【一時抹消登録・永久抹消登録】にはそれぞれ必要となる書類が状況によって異なってきます。引っ越しの有無やお車の所有者様の状況等により準備するものが変わってきます。

また、必要となる書類を紛失・盗難等により用意ができない場合の対処法についても詳しく説明しています。

必要書類についてはコチラから

廃車にかかる費用・手順

廃車手続きを行う場合、注意点としましては業者によっては廃車手続き代行費用がかかる業者もあります。

代行費用によっては自分で行なったほうがやはりお得になる場合もございますので、公式ページまたは問い合わせをし、必ず確認するようにしましょう!

step.01

必要書類の準備

まずは、抹消登録に手続きに必要となる書類を集めましょう!運輸支局内で入手する書類もございます。

step.02

ナンバープレート返却

運輸支局内のナンバー返納窓口へナンバープレートの返却を行います。

step.03

必要書類の提出

運輸支局の窓口に、必要事項の記入を済ませた書類一式を提出します。

step.04

税事務所に申告

書類に不備等無く、抹消登録手続きが済みましたら税事務所に申告します。

おおまかな手続き手順をご紹介しましたが、更に詳しい手順や手続きにかかる費用について知りたい方はコチラをご確認ください。

手続き手順や費用について

車種別廃車手続きの費用と方法

車種別の廃車手続きの費用や方法について載せています。

カローラcorolla ヴィッツvitz プリウスprius エスティマestima ステップワゴンstepwagon フィットfit ワゴンRwagonr

車検業者を探す

業者を探す

全国にはたくさんの廃車買取業者が存在します。エリアによっては対応外であったりと、業者によって対応エリアも異なります。お住いの地域を選択していただき、エリア対応している廃車買取業者を簡単に探すことができます。また、お住いの地域によっては人気となる車種も異なりますので、廃車買取のノウハウを都道府県別にご紹介しています!

自分で廃車手続きを行う場合のご案内として、エリア別に管轄する運輸支局・軽自動車検査協会を詳しくまとめています。

【水没・事故・盗難】シチュエーション別廃車について

シチュエーション別に廃車について記載しております。

おすすめの廃車買取業者

車の売却となると中古車店、またはディーラーへの相談と考える方が居られるかもしれませんが、いろんな専門業者がいるように廃車の買取を専門とした廃車買取業者もいるのです。

「なんで廃車を買い取ってくれるの?」と疑問に持つ方もいらっしゃると思いますが、業者によってはそれぞれが独自に海外への販売ルートを持っていて、買取りをした事故車を修理してそれらの国に輸出しています。

海外では、日本メーカーへの信頼度が高いため、多少高くても日本車を買おうとします。事故車でも修理すれば高く売れるため、買い取ってくれるのです。

日本の車検制度は世界トップクラスの厳しい基準なので、日本で走っていた車=よく整備された車というイメージが海外では強いのです。 更に、トヨタ車が代表されるように日本車は頑丈で壊れにくいというイメージがあり、日本車の価値を後押ししています。

事故車ですら買い取ってくれるので、古い車でも売却は可能です。特に、ディーラー下取りですと値段がつかないという事も多いですが、廃車買取業者であれば上の理由から高額買取りにも期待ができます。しかし、全ての業者で事故車・古い車など廃車予定の車買い取りが行われるということではありません。心構えとしては、値段がついたらラッキーくらいに思っておいたほうが良いでしょう。

特に、キレイな車や完動車のみ買い取り・販売を謳う買い取り業者すらあります。手当たり次第業者に当たることは、かなりの手間ですのでやめましょう。

そこで、オススメの業者がどんな車でも0円以上買取保証の「カーネクスト」です。

全国の事故車専門の業者と多数提携しているため、高額査定での買取の可能性が高まります。利用は無料で、フォームの入力時間も20秒程度で終わるのでおススメです。 情報を送信すると、自動的に連絡が入り、いくつかの質問に答えるとすぐに査定金額を提示してくれます。日本全国対応で、年中無休・インターネットなら24時間受け付けているので忙しい方や、お急ぎの方には嬉しいですね。

『カーネクスト』は全国のエリアに対応していて、取り扱っている業者も多いため、買取額に期待できます。

廃車のQ&A

廃車に関するよくある質問についてご紹介していきます。廃車では、一時抹消と永久抹消の違いについてや、廃車にかかる費用・自動車税の滞納状態でも廃車が可能なのか、など質問に多く寄せられています。

Q

廃車方法により費用も異なりますが、自分で廃車を行う場合は窓口までの交通費・印紙代(普通車:無し・軽自動車:約350円)となります。また、永久抹消登録をする場合は車の解体を行った後でないと手続きはできないため、自分で解体業者に依頼しなければいけません。解体費用も必要となります。さらに、動かない車となるとレッカー費用も別途かかってきてしまいます。廃車買取業者に依頼すると廃車にかかる費用がかからないことも多く車にも買取価格がつくため廃車買取業者に依頼することをおすすめしています。

Q

一時抹登録は、一時的に車を使用しない場合に行う手続きで主に、海外へ渡航や長期出張する際に行います。一時抹消登録は再度登録手続きを行うことで再び自動車を使用することができます。 永久抹消登録は、永久的に使用しない、つまり車を解体する場合に行う手続きのことで、大きな違いとしては車の解体をするかしないかといったところでしょうか。

Q

リサイクル料金は、車を廃車にする際に掛かる費用の負担を購入するユーザーが負担すると定めたもので、平成17年以降に車検を取得した自動車はリサイクル料金を支払い済みの場合がほとんどとなっております。このリサイクル料金が支払われていない場合は廃車する際に支払いが必要となります。

Q

結論から言うと、車のローンが残っていても廃車はできます!車検証を確認してみて、所有者の欄に記載されている所(ディーラーや信販会社)が車の所有者となりますので、廃車する旨を伝え、所有権解除書類を送ってもらう必要があります。また、廃車したからといってローンの支払い義務が無くなるわけではありませんので、廃車にした後も残債はきっちりと払いましょう。

Q

自動車税の未払いがあったとしても廃車はできます。ですが、自動車税の滞納が2年間以上ある場合は納税するまで廃車手続きが出来なくなります。自動車税の未納が2年以上になると嘱託保存となり、自動車が差し押さえされている状態になるので廃車手続きができなくなるのです。