京都市の廃車手続き Q&A

「廃車手続きに必要な流れを確認したい」
「京都市で廃車手続きを行う場所を知りたい」
「廃車にする前に費用を知りたい」

本記事では上記のような京都市で廃車予定の方向けに、廃車する前に知っておきたい。 京都市で、車を手放す時は廃車をどのような流れで行うかご存知でしょうか。 京都市で廃車をするには廃車手続き、廃車解体が必要になりますが、「廃車手続きに必要な書類」や「廃車をするにはいくらくらいの費用がかかるのか」等、わからないことが多いと思います。こちらでは、その不明点について詳しくご説明していきます。

京都市で廃車にする3つの方法

廃車にする方法については、3つの方法があります、それは以下の通りです。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 解体届出

ここからは、それぞれどういった手続きと書類が必須かを解説します。

永久抹消登録

永久抹消とは、すでに廃車手続きを行う自動車が解体済みの場合や、災害や事故などで自動車が使用できなくなった場合に行う手続きです。

ご自身で永久抹消登録を行うには、印鑑証明書などの必要書類をご準備の上、管轄の運輸支局で申請手続きを行います。

一時抹消登録

一時抹消とは、一時的に車の車籍を停止する手続きのことです。その期間中は日本国内の公道を走ることはできなくなります。そのため、この申請を行なっても、再度自動車に乗りたいとお考えの場合は手続きをすることで再開できます。

また、やはり今後も乗らない場合は、解体届出を提出すれば永久抹消登録に変更も可能です。 申請には、印鑑証明書などの必要書類をご準備の上、管轄の運輸支局で行います。

解体届出

解体届出とは、前述した一時抹消登録を申請した自動車を解体する際に行います。
解体届出を行うには、登録識別情報等通知書、もしくは一時抹消登録証明書などの必要書類を準備の上、管轄の運輸支局で申請します。

なお、上記で紹介した必要処理と提出先はご自身で申請を行う場合です。面倒に感じる場合は専門の業者に依頼しましょう。

廃車手続きに必要な書類

普通自動車と軽自動車で、廃車手続きに必要な書類は異なりますのでご紹介します。廃車を行う際には必須の書類ありますので事前に準備するようにしましょう。発行してから期間の定めがある書類もあります。事前に確認しておきましょう。

普通自動車の場合の必要書類

  • 自動車検査証(車検証)※車にナンバーがついている場合
  • 登録事項識別情報等通知書(抹消謄本)※車にナンバーがついていない場合
  • 発行から3カ月以内の所有者の印鑑証明書
  • 印鑑証明書に登録している実印
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • リサイクル券
  • 身分証明証
  • 自賠責保険証書(車検期間が残ってる場合)

軽自動車の場合

  • 車検証
  • 申請依頼書
  • 身分証明書
  • 所有者の認印
  • リサイクル券
  • 自賠責保険証書

必要書類提出の際に注意点

上記の必要書類提出の際に注意点もありますので、ご紹介します。

  1. 車検証に記載の氏名と現在の氏名て異なる場合は戸籍謄本が必要
  2. 未成年の場合は、親権者の同意書
    もしくは、親権者が確認できる戸籍謄(抄)本
    または戸籍の全部(個人)事項証明書、親権者のうち1名の3ヶ月以内に発行された印鑑証明書が必要
  3. 引越しなどで、車検証に記載された住所と印鑑証明書に記載された現住所が個なる場合は住民票あるいは戸籍の附票が必要

京都市で廃車を行うときの流れ

こちらで、京都市で車を廃車するときの基本的な流れについてご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きに必要な書類を用意します
  • ステップ.2廃車予定の車本体の解体を依頼、ナンバープレートカットを依頼
  • ステップ.3廃車手続きの必要書類とナンバープレートを持参し、運輸支局で廃車手続きを行う

廃車手続きに必要な書類は、廃車予定の車が普通自動車か軽自動車かによって異なります。
下記リンク先にて、普通自動車と軽自動車ごとに手続きの流れと必要な書類について詳しくご説明していますので、参考にしてみてください。



京都市で廃車手続きをするには、まず廃車手続きに必要な書類を揃える必要があります。廃車をする機会は個人として多くはないため、 どのような書類を揃える必要があるのか等不安もあると思います。 特に普通自動車に関しては資産としての廃車手続きが必要なため、自動車検査証上の登録されている所有者の書類を揃えなければいけません。


所有者登録は車両購入時にローン組みなどを使用されていると、ディーラーやローン会社になっている可能性があります。ローンで購入後、完済されていると、名義変更が完了していると思っている方も多いのですが、実は廃車時に確認すると名義変更がなされてなかったということもあります。所有者の書類がなければ廃車ができませんので、 廃車を考えているという方はまず車検証をチェックしておきましょう。


廃車手続きの書類を準備することができたら車本体の解体依頼をします。車本体の解体を行うことができるのは、都道府県知事の認可を受けた車のリサイクル業者のみになります。車と考えると鉄や金属と思われるかもしれませんが、車両にはエアバッグや、エアコンなどに使用されているフロンガスなどもありますので、専門の施設を持ったリサイクル業者でなければ請け負うことができないのです。リサイクル業者へ依頼する際にナンバープレートカットをしてもらうようにしましょう。
廃車手続きに必要な書類とナンバープレートの準備ができたら、京都市での廃車をすることができる京都運輸支局へ持参し、手続きに入ります。

廃車手続きは廃車買取業者へ

廃車手続きが初めての方など、廃車手続きに関する疑問がある方もいらっしゃるかと思います。そこでおすすめしたいのが、廃車買取業者への廃車依頼です。
こちらでは、廃車買取業者について詳しくご紹介いたします。廃車手続きをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

廃車買取業者とは

廃車買取業者をご存知でしょうか?車買取業者には、中古車買取業者や事故車買取業者、廃車買取業者などがあります。そのなかで、廃車を専門としているのが廃車買取業者です。
廃車買取業者では、故障している車や動かない車、ボロボロの車などであっても引取を行ってくれます。
また、メーカーや車種、車の状態によっては、廃車にするような車であっても、買取価格をつけてもらえる可能性もあるのです。廃車をお考えの際は、廃車買取業者へのご相談をおすすめいたします。

廃車買取業者の選び方

近年、廃車買取業者は全国各地にいくつもあります。
では、その中で、どの廃車買取業者を選べば良いのか。初めて廃車買取業者を利用する方などは、悩まれるのではないでしょうか?
廃車買取業者と言っても、業者によってシステムや料金、持っている販路などは様々です。廃車をする際に、少しでも手間や費用を抑えるためには、費用などをきちんと確認されることをおすすめいたします。

廃車買取業者で確認したい費用

廃車買取業者に依頼する際に必ず確認しておきたいのが、費用です。費用の細かい内訳としては、廃車の引取費用、解体費用、廃車手続き代行費用などが挙げられます。これらをすべて無料で行ってくれる廃車買取業者がほとんどですが、業者によっては費用がかかってしまう業者もありますので、必ず確認しましょう。
また、車検切れの車や不動車などの場合は、レッカーや積載車などが必要となってきますが、こちらも廃車買取業者によって無料?数万円と幅広くなっています。ですが、上手に廃車買取業者を選べばこれらの費用をすべて無料で廃車依頼をすることが可能となっていますので、損をしないためにも、ご自身にあった適切な廃車買取業者選びをされることをおすすめいたします。

廃車手続き

廃車手続き

京都市で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

京都市で、普通自動車の廃車手続きを行うには、京都運輸支局で手続きを行う必要があります。京都市で車両登録されている車の手続きを行う京都運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

近畿運輸局 京都運輸支局

京都市で京都ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、京都運輸支局です。

所在地

〒612-8418

京都府京都市伏見区竹田向代町37番地

電話番号 050-5540-2061
ナンバープレート 京都ナンバー
管轄区域 京都府全域

京都市で軽自動車の廃車手続きを軽自動車検査協会

京都市で軽自動車の廃車手続きを行うには、軽自動車検査協会京都事務所で行う必要があります。京都市で車両登録されている軽自動車の手続きを行う軽自動車検査協会京都事務所の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽白動車検査協会 京都事務所

京都市で京都ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、京都事務所です。

所在地

〒612-8418

京都府京都市伏見区竹田向代町51-12

電話番号 050-3816-1844
管轄区域
京都ナンバー
京都府全域

京都市で廃車するのに必要な費用

京都市で廃車を行うために必要な廃車費用についてご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー・管轄内ナンバーどちらであっても同じです。廃車の状態次第で費用負担を抑えることも出来ますので、確認してみてください。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※車の移動ができる状態、持ち込みをすることができるなら無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

京都市で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。

京都市の廃車手続きまとめ

京都市の廃車手続きに関する情報をご紹介いたしました! いかがでしたでしょうか? 廃車手続きを行う前に、手続きの方法や、手順、廃車を行う運輸支局や費用を調べておくと何かとスムーズに廃車手続きを行えます。
また廃車手続きは、自分でもできないことはありません。

廃車まとめ

しかし、費用が発生したり、手続きが面倒だったり自分では色々な手間が生じてしまいます。
お忙しい方の場合は、廃車手続きに避ける時間がないこともあるのではないでしょうか。 そのため、廃車手続きは専門の業者に依頼することをおすすめします。


京都市には無料で廃車手続きを行なっている業者がたくさんあります!それぞれの業者の特徴を知り、自分に最適な廃車業者に依頼してみるのも良いでしょう。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村