熊本市の廃車手続き Q&A

「廃車手続きに必要な流れを確認したい」
「熊本市で廃車手続きを行う場所を知りたい」
「廃車にする前に費用を知りたい」
「水没した車どうすればいい?」

本記事では上記のような熊本市で廃車予定の方向けに、廃車する前に知っておきたい廃車手続きの方法や費用、熊本市で廃車を行う場所などぜひ参考にして頂きたい情報をご紹介いたします。

熊本市で廃車にする3つの方法

廃車にする方法については、3つの方法があります、それは以下の通りです。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 解体届出

ここからは、それぞれどういった手続きと書類が必須かを解説します。

永久抹消登録

永久抹消とは、すでに廃車手続きを行う自動車が解体済みの場合や、災害や事故などで自動車が使用できなくなった場合に行う手続きです。

ご自身で永久抹消登録を行うには、印鑑証明書などの必要書類をご準備の上、管轄の運輸支局で申請手続きを行います。

一時抹消登録

一時抹消とは、一時的に車の車籍を停止する手続きのことです。その期間中は日本国内の公道を走ることはできなくなります。そのため、この申請を行なっても、再度自動車に乗りたいとお考えの場合は手続きをすることで再開できます。

また、やはり今後も乗らない場合は、解体届出を提出すれば永久抹消登録に変更も可能です。 申請には、印鑑証明書などの必要書類をご準備の上、管轄の運輸支局で行います。

解体届出

解体届出とは、前述した一時抹消登録を申請した自動車を解体する際に行います。
解体届出を行うには、登録識別情報等通知書、もしくは一時抹消登録証明書などの必要書類を準備の上、管轄の運輸支局で申請します。

なお、上記で紹介した必要処理と提出先はご自身で申請を行う場合です。面倒に感じる場合は専門の業者に依頼しましょう。

廃車手続きに必要な書類

普通自動車と軽自動車で、廃車手続きに必要な書類は異なりますのでご紹介します。廃車を行う際には必須の書類ありますので事前に準備するようにしましょう。発行してから期間の定めがある書類もあります。事前に確認しておきましょう。

普通自動車の場合

  • 自動車検査証(車検証)※車にナンバーがついている場合
  • 登録事項識別情報等通知書(抹消謄本)※車にナンバーがついていない場合
  • 発行から3カ月以内の所有者の印鑑証明書
  • 印鑑証明書に登録している実印
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • リサイクル券
  • 身分証明証
  • 自賠責保険証書(車検期間が残ってる場合)

軽自動車の場合

  • 車検証
  • 申請依頼書
  • 身分証明書
  • 所有者の認印
  • リサイクル券
  • 自賠責保険証書

必要書類提出の際に注意点

上記の必要書類提出の際に注意点もありますので、ご紹介します。

  1. 車検証に記載の氏名と現在の氏名て異なる場合は戸籍謄本が必要
  2. 未成年の場合は、親権者の同意書
    もしくは、親権者が確認できる戸籍謄(抄)本
    または戸籍の全部(個人)事項証明書、親権者のうち1名の3ヶ月以内に発行された印鑑証明書が必要
  3. 引越しなどで、車検証に記載された住所と印鑑証明書に記載された現住所が個なる場合は住民票あるいは戸籍の附票が必要

熊本市で廃車手続きを行う流れ

熊本市で廃車手続きを行う際は以下のような流れで一連の手続きを行います。


廃車手続きの基本的な流れ

こちらでは、熊本市で車を廃車するときの基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きの際に必要な書類を準備する
  • ステップ.2廃車する車の解体依頼と、ナンバープレートの取り外し
  • ステップ.3廃車の書類とナンバープレートを持参し、運輸支局で廃車手続き

廃車手続きの時に準備する書類は、普通自動車か軽自動車かによって内容が異なります。


廃車手続きを運輸支局で行うために、車ごとに必要な書類を揃える必要があります。必要な書類は、車が普通乗用車か、軽自動車かということと、車の所有者によっても異なります。


特に車の所有者登録が法人である場合、普通自動車なら所有者である法人の印鑑登録証明書と実印の用意が必要です。もしも、車検証に登録してある法人の所在地住所から現在の住所が移転している場合は、登記簿膳本(登記事項等証明書)を取得し、所在地の移転歴がわかる公的な書類の準備が必要となります。


特に、所有者がディーラーになっていた場合、もともとの購入先になるディーラーが閉鎖してしまっているなどで連絡が取れないいトラブルが起こる場合もあります。車検証登録内容は、随時更新しておき、名義変更できているか確認しておきましょう。


廃車手続きに必要な書類が用意出来たら、車本体の解体の依頼を業者へ依頼します。車の解体を依頼出来る相手は限られます。車の解体やリサイクルすることが出来る業者は、リサイクル法によって定められている車の解体工程を行う施設を持つ専門業者になっています。


車の解体業者へ依頼する時に、 ナンバープレートを取り外してもらうように合わせて依頼しておきましょう。廃車手続きに必要な書類と、ナンバープレートを用意できたら、二つをあわせて管轄の運輸支局へ持参し、廃車手続きを行います。

水没車の対応と廃車手続き

今日、日本だけでなく、世界各地で集中豪雨による被害が多発しています。
膨大な洪水は生活に欠かせない車にも影響を及ぼしており、問い合わせも多く寄せられています。
こちらからは、水没した車の扱い方や普通の廃車でもお得な方法についてお伝えします。

水没車を修理する。

水没をしてしまったら、修理をしようと考える方もいらっしゃいます。
しかしながら、フロア(床面)以上に水が来てしまった時はエンジンなどの故障が疑われるため、おおよそ1,000,000円以上の修理代がかかると予想されます。車両保険を併用したとしても、次の年の保険料の負担が上がると考えておいた方がよいでしょう。
また、水没した車の状況によっては、おおよそ2,000,000円以上の修理費用がかかるため車両保険では補いにくいと考えた方がよいでしょう

廃車手続き書類が水没!!

車が水没した際、自動車検査証や自賠責保険証などの書類が一緒に水没してしまうことがあります。その際、情報がみれる状況でなくなってしまったり、紛失してしまったりと大変です。
廃車の手続きは、自動車検査証自体は紛失してしまっていてもすすめることができます。しかし、車検証の情報を確認することで廃車手続きがスムーズにすすみます。出来る限り車検証の再発行を行われることをおすすめします。
また、自賠責保険証は自賠責保険を解約するために必要です。
車検が残っているのであれば、未使用の保険料が返戻金として手元に戻ります。
早急に不要な車の廃車手続きを行うことで、自賠責保険の解約が可能となりますので、保険契約を行った保険会社やディーラーに再交付を依頼し、出来るだけ早く解約されるほうがよろいしいかと思われます

水没した車などを扱う廃車買取業者がベスト

普段の廃車でも、水没されたの際の廃車でも一番おすすめな廃車手続き方法が、「廃車専門の買取業者」に(廃車手続きの代行など)廃車のすべてを依頼をするということです。
廃車買取業者は廃車を専門としている業者です。水没した車を廃車する時、廃車買取業者で見積もりをとった後は車の引き取りから解体、廃車手続きまで廃車に関するすべてを無料代行してくれます。さらに水没車でも車の状態によっては買取してくれることもあります。
お金がかかると思っていた廃車に買取価格が付くなんて夢見たいですよね。それも、無料で廃車処理をしてくれる。 廃車に関してよくわからない!他にもやることが山済みで、余裕がないから任せたい!などと思われている方は、一度、廃車買取業者への問い合わせを検討されてみてはいかがでしょうか?

※見積もりを行う際に実車査定を行う業者のときは、前もって車内の換気を行いましょう。
換気を行い乾燥させることで、匂いが少し改善され、雑菌の繁殖を防ぐことが出来るため、見積もりも良い査定が出る可能性があります。

廃車手続き

廃車手続き

熊本市で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

熊本市で、普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。熊本市の車両登録ごとの管轄区域や手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

九州運輸局 熊本運輸支局

熊本市で熊本ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、熊本運輸支局です。

所在地

〒862-0901

熊本県熊本市東区東町4丁目14-35

電話番号 050-5540-2086
ナンバープレート 熊本ナンバー
管轄区域 熊本県全域

熊本市で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

熊本市で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。熊本市の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 熊本事務所

熊本市で熊本ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、熊本事務所です。

所在地

〒862-0902

熊本県熊本市東区東本町16-3

電話番号 050-3816-1758
管轄区域
熊本ナンバー
熊本県全域

熊本市で廃車するのに必要な費用

熊本市で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー管轄内ナンバーどちらも変わりません。
廃車解体費用は、業者次第ではリサイクルバーツなどの買取を行っているため費用がかからず、廃車を買取してもらうことでプラスに戻ってくることもあります。 業者の選定時に確認してみましょう。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

熊本市で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。

熊本市の廃車手続きまとめ

熊本市の廃車手続きに関する情報をご紹介いたしました!
いかがでしたでしょうか?
廃車手続きを行う前に、手続きの方法や、手順、廃車を行う運輸支局や費用を調べておくと何かとスムーズに廃車手続きを行えます。
また廃車手続きは、自分でもできないことはありません。

廃車まとめ

しかし、費用が発生したり、手続きが面倒だったり自分では色々な手間が生じてしまいます。
また、近頃の豪雨による影響で大変かと存じます。廃車手続きに避ける時間がないこともあるのではないでしょうか。
そんな方には、廃車手続きは専門の業者に依頼することをおすすめします。


熊本市には無料で廃車手続きを行なっている業者がたくさんあります!それぞれの業者の特徴を知り、自分に最適な廃車業者に依頼してみるのも良いでしょう。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村