廃車にすると受け取れる還付金について

廃車にすると受け取れる還付金について

車は廃車することで、支払っていた税金を還付金として受け取ることができます。車の廃車時に受け取れる還付金には、自動車税・自動車重量税があります。還付金は月割り計算となるためタイミングによって還付される金額は異なり、廃車手続きの完了日が遅くなればなるほど損をしてしまいます。廃車にすると決めたら早めに手続きをするのをオススメします。

廃車にすると受け取れる還付金とは

廃車にすると受け取れる還付金とは、自動車税・自賠責保険・重量税です。

自動車税は抹消手続きを行えば自動的に戻ってくるお金でありますが、軽自動車については自動車税の還付はありません。月割りで戻ることがなく、4月1日時点での所有者の責任払いとなります。自動車税の還付金は普通車のみになりますのでご注意ください

自賠責保険は通称“強制保険”といわれている自動車保険の一種です。自動車税と同じように、この自賠責保険も先払いで支払うことになります。保険料は車検代の中に合算され含まれますので忘れてしまっている方も多くいます。自賠責保険は自動車税の還付とは違い、解約手続きを行わなければ還付されませんので必ず解約手続きを行うようにしましょう。

重量税も自賠責保険と同様に、車検をとるたびにその都度、納める税金です。そのため車検の残りがあると、還付の対象になります。重量税の手続きは永久抹消が条件です。解体スクラップをして、解体移動報告まで済んだ状態でないと対象にはなりません。

還付金が受け取れる条件とは

還付金は車を手放したからと言って自動的に還付されるものではありません。還付金を受け取るには条件があるのです。

また、還付申請書が運輸支局等に提出されてから、所轄税務署より還付金が支払われるまでに約2か月半程度かかります。もし3ヶ月以上経っても還付金の支払いがされない場合は、所轄の税務署へ問い合わせしましょう。

一時抹消登録または永久抹消登録

運輸支局で「車を一時的に使いません」「車を今後永久的に使いません(解体など)」という登録をする手続きのことです。抹消登録をすると、ナンバープレートを返納して車検証もなくなるので、公道を走ることが出来なくなります。

車検の残存期間が1ヶ月以上ある

自動車重量税の還付金は、納付済みの自動車重量税額から車検残存期間分を分割計算して還付されます。そのため、車検の残存期間が1ヵ月以上ない場合は、還付金を受け取ることができませんので注意が必要です。

還付金の計算方法

自動車税還付の計算は、月割り計算となります。たとえば、月初(1日)に廃車手続きをしても月末(30日・31日)に廃車手続きをしても還付金は同じなのです。

還付金の計算式は、1年の自動車税額÷12ヵ月×登録抹消した翌月から3月までの月数=自動車税還付額(※100円未満切り捨て)

廃車にした当月分の自動車税は還付されないことになっているので、3月に登録を抹消した場合には、還付金は0円ということになります。

還付金の受け取り方法

抹消登録の申請手続きが完了してから約1か月~2か月すると、手元に支払い通知書が届きます。必要な書類を持参し、銀行や郵便局の窓口で手続きをすれば還付金を受領できます。しかし、通知書が手元にくるまで期間が空くので、還付金の受領を忘れてしまう方もいるようです。還付金には受領期限があります。受け取り忘れにはくれぐれも注意しましょう。

還付通知書・認印・身分証明書(運転免許証等)を持参して、指定された金融機関で還付金を受け取ってください。