環境性能によって軽減される税金ついて

環境性能によって軽減される税金ついて

国土交通省が定める排ガス、燃費基準をクリアした車を購入・使用する際には『エコカー減税』『環境性能割』『グリーン化特例』という3つ制度による税金の優遇を受けることができます。エコカー減税・環境性能割・グリーン化特例の違いって何?と思う方も多くいらっしゃるでしょう。それぞれの制度について詳しくご紹介していきます。

エコカー減税とは?

エコカー減税とは、環境に優しい車の購入者を優遇する減税措置です。エコカーに該当するのは国土交通省が定める環境基準を満たす車であり、対象車を購入すれば環境性能割と自動車重量税が環境性能の高さに応じて減税されます。

エコカー減税対象となる条件は、車種ごとの細かな燃費基準の達成水準のほかに、新規登録する期間も定められおり、様々な条件次第で減税額は異なってくるのです。正確な自動車重量税を確認するには「次回自動車重量税額照会サービス」を利用しましょう。

お持ちの車の車検証に記載された【車台番号】と【車検日】を入力するだけで、車ごとの正確な重量税を調べることができます。

エコカー減税とは

環境性能割とは?

環境性能割とは2019年10月1日の消費税増税と同時に廃止された自動車取得税に代わる新しい税収制度です。課税要件は自動車取得税と同様ながら、環境性能に応じて設定されるため、環境に優しい車ほど減税されるのが特徴です。

簡単に言ってしまうと、燃費の善し悪しで税率が変わるというものです。環境性能に応じて普通自動車0~3%、軽自動車は0~2%課税されます。電気自動車については非課税となるのです。

普通車の環境性能割について 軽自動車の環境性能割について

グリーン化特例とは?

グリーン化特例とは、適用期間内に新車登録を行った車を対象として、初年度と翌年度の自動車税が環境性能の高さに応じた25%・50%・75%のいずれかの割引率で減税される特例措置です。

グリーン化特例は2021年4月より、自家用車で対象となるのは電気自動車やプラグインハイブリッド等だけなり、基準がかなり厳しくなりました。自家用車はクリーンディーゼル車もガソリン車も対象外となっています。

また、グリーン化特例は2023年3月31日までに自動車を新規購入した車両のみとなっており、減税は購入翌年度の自動車税・軽自動車税のみです。

エコカー減税が環境性能割と自動車重量税に関わるのに対して、グリーン化特例は自動車税に関わります。