富山県内で廃車を予定している方へ、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

富山県内で廃車する方法

富山県内で廃車予定の方へ、廃車をする前に参考にしていただける廃車に必要な費用と廃車手続きの方法をこちらでご紹介します。

富山県内で廃車を行う時の流れ

まず、富山県内で廃車を行う時の流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車に必要な書類の準備
  • ステップ.2廃車の車の解体 ナンバープレートを外す
  • ステップ.3書類とナンバープレートを持参し廃車手続きを運輸支局で行う

廃車手続きに必要な書類は、普通自動車と軽自動車で内容が異なり、車の登録情報(自動車検査証の所有者)によって必要な内容も違います



廃車に必要な書類の準備が出来たら、廃車の解体を行う業者へ解体を依頼して同時にナンバープレートを取り外します。 取り外したナンバープレートと廃車に必要な書類を、富山県内の管轄の運輸支局へ持ち込み廃車の手続きを行い、廃車が完了します。

富山県内で廃車する時の廃車手続き Q&A

富山県内で廃車手続きを予定している方からの質問に答えています。廃車をお考えの方は参考にしてみてください。

車検証を紛失した車の廃車手続きは?

車検証を紛失してしまっている車であっても、廃車手続きは可能なのでしょうか?
車検証を紛失してしまっている場合でも、車検証の再発行をすることが出来れば、廃車手続きは可能です。車検証の再発行は、普通自動車であれば陸運支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会で行うことが出来ます。車検証の再発行に必要な書類は、車のナンバーを記載したメモ、公的身分証明書、理由書、認印となります。

リサイクル券を紛失している場合でも、廃車手続きは可能?

廃車手続きの必要書類として、リサイクル券がいると聞きました。しかし、リサイクル券を失くしてしまっているようです。リサイクル券がない場合でも、廃車手続きは可能なのでしょうか?
リサイクル券を紛失している場合であっても、その車がリサイクル料金を預託済みであるということが証明できれば、廃車手続きは可能です。リサイクル料金を預託済みであるか未預託であるかは、自動車リサイクルシステムのホームページ内で調べることが可能となっています。また、そちらから預託状況をプリントアウトすることも可能となっていますので、リサイクル券を紛失してしまっている場合はリサイクル券の代替としてプリントアウトをしましょう。

廃車手続き

廃車手続き

富山県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

富山県内で普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で行う必要があります。富山県内の車両登録毎の管轄に分けて、運輸支局情報をご紹介します。

北陸信越運輸局 富山運輸支局

富山県内で富山ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、北陸信越運輸局 富山運輸支局です。

所在地

〒930-0992

富山県富山市新庄町馬場82番地

電話番号 050-5540-2044
ナンバープレート 富山ナンバー
管轄区域 富山県全域

富山県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

富山県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。富山県内の車両登録毎の管轄に分けて、軽自動車検査協会の情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 富山事務所

富山県内で富山ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、軽自動車検査協会 富山事務所です。

所在地

〒930-0936

富山県富山市藤木520番の1

電話番号 050-3816-1852
管轄区域
富山ナンバー
富山県全域

富山県内で廃車するのに必要な費用

富山県内で廃車を行うために必要な廃車費用をご紹介します。廃車費用は管轄外ナンバーでも管轄内ナンバーでも変わりませんので、安心して手続きを行ってください。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続き書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円~約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円~約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円~約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円~

富山県内で廃車する時に必要な費用平均は、約20,000円~約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村