沖縄県の廃車手続き Q&A

廃車手続きを行うには、正しい手順や方法で行う必要があります。
また、廃車の申請を行う管轄の運輸支局や、
廃車手続きにかかる費用も事前に確認しておきましょう。

本記事では、沖縄県内で自動車の廃車手続きを予定されている方向けに、手順や方法、費用の目安、申請場所、よくある廃車手続きに関する疑問などをご紹介いたします。

沖縄県で廃車手続きを行う流れと方法

廃車手続きには流れがあります。まずは、最初に何をして、その次に何を行えばいいのかを理解しておいてください。

沖縄県で廃車手続きを行う流れ

廃車手続きの流れは以下の順番になります。

  • ステップ.1廃車手続きに必要な書類を準備する
  • ステップ.2廃車の解体と同時にナンバープレートを取り外す
  • ステップ.3必要書類とナンバープレートを持参して管轄の運輸支局で廃車手続きを行う

最初に廃車手続きに必要な書類を準備します。書類は以下のとおりです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

上記の書類の準備が終わると、次は解体業車に連絡して廃車の解体を依頼します。
その後、取り外したナンバープレートと書類を持参して管轄の運輸支局で申請を行なってください。


また、ここで廃車手続きの際に注意してほしい点が普通自動車と軽自動車で必要な書類が異なるということです。


以下の記事でそれぞれ詳しく解説していますので、参照してください。

普通自動車の廃車手続き手順と流れ

軽自動車の廃車手続きの手順と流れ


※その他にも、車の登録情報(自動車検査証の所有者)によって廃車手続きの内容は異なりますのでご確認ください。

沖縄県で廃車する方法は3つ

廃車にするとは「自動車登録ファイル」を削除して日本国内の公道を走れなくすることを言います。自動車の廃車手続きを行うと、自動車税が発生しなくなるというメリットがあります。
また、廃車手続きの申請を行なってから遡って払い過ぎた自動車税については還付されます。

3つの廃車手続きとは?

廃車手続きには下記の3つの方法があります。
  1. 永久抹消登録
  2. 一時抹消登録
  3. 解体届出

上記はそれぞれで役割が異なるので、内容と申請に必要な書類についてご紹介します。

永久抹消登録

永久抹消登録

永久抹消登録を行うと、車は二度と使用できなくなります。そのため、解体を前提とした手続きになります。
例えば、台風や地震などで水没してしまい自走できなくなった車や事故車、あるいは修復不能なくらいに壊れてしまった車や、経年劣化した車など、処分が必要な場合に行います。
永久抹消登録の申請には、印鑑証明書などの書類を持参して管轄の運輸支局で手続きします。

一時抹消登録

一時抹消登録

一時的に車を使用しなくなった場合で、今後また使用する可能性がある場合にこの手続きを行います。
一時抹消登録になると一時的に廃車状態となり、日本国内の公道を走ることはできなくなります。その代わり、一時抹消登録されている間は自動車税は発生しません。再度、自動車を使用することになった場合は申請を行うことで登録を再開できます。
また、引き続き車に乗らないとわかった場合は、一時抹消登録から永久抹消登録に変更可能です。この場合は後述する「解体届出」を提出することで申請できます。
一時抹消登録の申請は、印鑑証明書などの書類を持参して、管轄の運輸支局で手続きしてください。

解体届出

解体届出

前述したとおり、一時抹消登録から永久抹消登録に変更する際には解体届出が必要になります。車の解体の終了と同時に手続きを行います。注意点として、申請を行う際は車の解体を終えてから15日以内に行う必要があります。
解体届出には以下の書類が必要になります。

  • 所有者の委任状(所有者の押印があるもの)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 登録識別情報等通知書あるいは一時抹消登録証明書
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書および解体届出書

上記を持参して管轄の運輸支局で申請してください。

沖縄県内で廃車するときの廃車手続き Q&A

廃車手続きには色々な疑問がつきものです。しっかり解決してから、手続きを行うことをおすすめします。こちらでは沖縄県でよくある質問についてお答えいたします。

登録時と苗字が変わっているのですが?

車を購入してから、廃車するまでの間に結婚して苗字が変わりました。その場合でも問題なく廃車手続きできますか?
本籍のある役所で戸籍の謄本あるいは抄本の添付が必要です。転居を伴っている際は謄本あるいは抄本に合わせて戸籍の附票が必要になります。

自動車リサイクル法とは何ですか?

廃車を考えているのですが、そのために自動車リサイクル券が必要と聞きました。そもそも自動車リサイクル法とは何ですか?
自動車を廃車にするためには「自動車リサイクル法」に従う必要があります。
現在、日本国内では年間500万台の車が廃車されます。廃車になった車は、分解されリサイクルされる部分と、廃棄され処分場に運ばれる部分に分かれます。この廃車にかかる手間と費用を車の所有者も負担する、という目的で生まれたのが「自動車リサイクル法」や「自動車リサイクル券」です。
基本的に自動車リサイクル料金は、ほとんどの方が新車購入時にリサイクル券を購入することで、事前にリサイクル料を支払っています。
廃車手続きの際は、このリサイクル券の提出が必須になりますので、自動車リサイクル券は大切に保管しておきましょう

※ただし、自動車リサイクル法が施工される前の古い車で、車検を更新していない場合などは支払いがされていないことがあります。

他県のナンバーでも沖縄県の運輸支局で廃車手続きできますか?

最近引っ越ししてきて、ナンバープレートが他県のままです。近々廃車になることが決まったのですが、沖縄県の運輸支局でそのまま廃車手続きできるのでしょうか?
はい。現在のナンバーの登録地の運輸支局でも、沖縄県の運輸支局でもどちらでも申請可能です。

廃車手続き

廃車手続き

沖縄県で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

沖縄県内で普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で行う必要があります。沖縄県内の車両登録毎の管轄に分けて、運輸支局情報をご紹介します。

沖縄総合事務局陸運事務所

沖縄県内で沖縄ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、沖縄総合事務局陸運事務所です。

所在地

〒901-2134

沖縄県浦添市字港川512番地の4

電話場号 050-5540-2091
ナンバープレート 沖縄ナンバー
管轄区域 那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡

宮古運輸事務所

沖縄県内で沖縄ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、宮古運輸事務所です。

所在地

〒906-0013

沖縄県宮古島市平良字下里1037番地の1

電話場号 050-5540-2092
ナンバープレート 沖縄ナンバー
管轄区域 宮古島市、宮古郡

八重山運輸事務所

沖縄県内で沖縄ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、八重山運輸事務所です。

所在地

〒907-0002

沖縄県石垣市字真栄里863番地15

電話場号 050-5540-2093
ナンバープレート 沖縄ナンバー
管轄区域 石垣市、八重山郡

沖縄県で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

沖縄県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。沖縄県内の車両登録毎の管轄に分けて、軽自動車検査協会の情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 沖縄事務所

沖縄県内で沖縄ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、沖縄事務所です。

所在地

〒901-2134

沖縄県浦添市字港川512番12

電話場号 050-3816-3126
管轄区域
沖縄ナンバー
那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡

軽自動車検査協会 沖縄事務所 宮古分室

沖縄県内で沖縄ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、沖縄事務所 宮古分室です。

所在地

〒906-0013

沖縄県宮古島市平良字下里1114番地の1

電話場号 050-3816-3127
管轄区域
沖縄ナンバー
宮古島市、宮古郡

軽自動車検査協会 沖縄事務所 八重山分室

沖縄県内で沖縄ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、沖縄事務所 八重山分室です。

所在地

〒907-0002

沖縄県石垣市字真栄里863番地の16

電話場号 050-3816-3128
管轄区域
沖縄ナンバー
石垣市、八重山郡

沖縄県で廃車手続きにかかる費用

廃車手続きには費用が発生します。事前にどれくらいの費用が必要なのかを確認しておきましょう。こちらでは沖縄県で廃車手続きを行った際の、平均的な費用の目安についてご紹介します。

廃車手続きに必要な費用の目安

平均的な費用の目安は以下の表の通りです。

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

上記を参考に総費用を計算すると、大体約20,000円〜約30,000円前後になります。
※費用は沖縄県の管轄内ナンバー、管轄外ナンバー共に変わりはありません。


また、こちらの費用は車の状態や年式、自動の可否もしくは書類の有無や、依頼する解体業者によっても変動します。あくまで目安としてご参考ください。

沖縄県廃車手続きまとめ

沖縄県で廃車手続きを行う際の方法や手順、申請場所、費用の目安などをご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。廃車手続き自体は自分で行うことも可能です。しかし、色々と面倒な手続きや作業が多いですので、時間がかかってしまいます。そこで、廃車代行会社や解体業車に依頼することで時間も手間も省けます。

沖縄県には無料で廃車手続きを行える業者がたくさんあります。業者にはそれぞれ特徴がありますので、ご自身に最適な業者を選びましょう。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村