岡山県の廃車手続き Q&A

岡山県内で廃車をする予定がある方へ、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

岡山県内で廃車する方法

岡山県内で、廃車を考えているという方の廃車のきっかけはさまざまあると思います。 例えば、長く使っていて経年劣化により足回りに錆が出てしまった、走行時にトラブルが出始めたため手放しを考えている、車を利用していた家人が免許を返納することにしたため不要になった車があるなど。では具体的に廃車とはどのような流れで出来るのかご存知でしょうか。


こちらでは、岡山県内で車を廃車するときの流れ、廃車手続きに必要な書類の内容、廃車費用についてをご紹介しています。 今後、廃車する機会があるかもしれないという方も、前以て参考にしてみてください。

岡山県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、岡山県内で車を廃車するときの基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きの必要書類を準備する
  • ステップ.2廃車する車本体を解体、解体茉者へ依頼ナンバープレートカット
  • ステップ.3廃車手続きのための書類とナンバープレートを持ち運輸支局で廃車手続きする

廃車手続きを行う前に必要な書類の準備が必要です。手続きに必要な書類は、普通自動車か軽自動車かによって異なります。平日にお仕事の休みを取って運輸支局へいったのに書類が足りずに出来なかった、ということにならないよう気をつけましょう。


下記リンク先にて書類のことを詳しくご紹介していますので、準備する前の参考にしてみてください。



廃車手続きの前に書類を準備するポイントとして、 まず確認することは車検証記載の所有者です。車検証は車に常に載せていることになるため、 あまりしっかり見ていなかった方も多く、廃車手続きをするとき初めて実は家族の名義になっていた場合や、結婚前の旧姓で登録されていたなどがあります。


このように家族の名義だった場合は、 家族の書類の準備が必要ですし、ご結婚されていて旧姓だった時は、普通乗用車なら印鑑登録証明書の名前と、車検証記載の旧姓が一致することが表示されている戸籍謄本を取り寄せる必要があります。 謄本などは役所で取得する必要があるため、印鑑登録証明書を取りに行く際に同時に取得するほうが手間も時間も省くことが出来ますので、まず書類取得の前に車検証を確認しましょう。


廃車に必要な書類を準備出来たら、次に本体である車の解体を解体業者へ依頼します。解体工程は四つに分かれていますが、破砕工程まで請け負ってくれる業者は、都道府県知事の認可を受けた車のリサイクル専門の業者となっています。解体業者へ依頼した際にナンバーブレートを合わせてカットしてもらうと、個人で外す手間もなくなりますのでおすすめです。


廃車手続きの書類とナンバープレートを手元に用意できたら、最後に管轄の運輸支局へこの二つを持参し、廃車手続きを行います。

岡山県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

岡山県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。
今後廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

前もって免許を返納したため車を動かすことが出来ない

自身が高齢になり、車の運転に不安を感じることもあったので免許を返納しましたが、家族で運転できる人もいないため、 車検も残っていて動く状態の車ではあるものの、廃車の業者へ持っていくことが出来ません。 廃車したい時はどのようにすればいいのでしょうか?

2019年から免許返納を考える方がかなり増えています。 今回のように車自体は走行できるが、持込ができない方でも廃車する方法はあります。また、車検が残っている車で免許返納をされているなら、 使うことのないとしては、早めに手放すことで、車検を通す前に前もって支払っている自賠責保険や重量税の返戻金が戻りますし、もしも普通自動車で年度内に廃車を出来るなら自動車税の還付を受けることも出来ます。不要になってしまったときは出来るだけ早めの手放しをおすすめします。


そして、車の運搬費用をかけてレッカー移動をしなくても、車の価値があり引き取り費用が不要になる可能性もあります。特に故障や事故ではなく、動く状態なら一旦買い取り業者へ見積もりをとられてみてはいかがでしょうか。 中古車としての買取査定だけでなく、廃車買取業者へも相見積もりをとられてみると、販路ごとの結果が得られます。もしも買取査定が良い結果ならレッカー費用もかからず、買取がついてお得に廃車できるかもしれません。

転勤族のため、車を購入してから何度も引越し

車を使う外回りの営業職ですが、転勤が多いため住民票を何度か移しています。今回車を乗り換えようと思いましたが、車検証を見たら何度か引越しをした時の、旧住所になっていました。どのような書類を揃えたら廃車手続きが出来るのでしょうか?

今回の車は普通乗用車だったため廃車手続きには、まず所有者の印鑑登録証明書とその登録された実印、そして車検証が必要になります。そして、車検証記載の住所から印鑑登録証明書に記載されている住所までの移転経歴が表示される書類が必要です。


また、移転に伴って本籍地を移動していたかどうかで書類の取得できる役所が変わります。車検証の記載住所の時と現在お住まいのところで本籍地をそのままに住民票のみを移している場合は、本籍地で戸籍の附票を取り寄せます。 この書類は、本籍の中で移動した履歴すべてが載る書類になります。


ただし、保持期限があるため、かなり昔お住まいだった場合などは廃棄されていることもあります。車検証の記載住所がここに表示されず、年より以前は廃棄と表示があったときは、 戸籍の附票と合わせて廃棄証明書も取得しましょう。表示できるすべてが載っている戸籍の附票と、廃棄証明書、廃棄された住所を記入した申立書を持って廃車手続きを行うことが出来ます。

廃車手続き

廃車手続き

岡山県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

岡山県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、 管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。岡山県内の車両登録ごとの管轄区域、 手続きを行う連輸支局の所在地をこちらでご紹介します

中国運輸局 岡山運輸支局

岡山県内で岡山ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、岡山運輸支局です。

所在地

〒701-1133

岡山県岡山市北区富吉5301-5

電話番号 050-5540-2072
ナンバープレート 岡山ナンバー
管轄区域 岡山県全域

岡山県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

岡山県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。岡山県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 岡山事務所

岡山県内で岡山ナンバー、倉敷ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、岡山事務所です。

所在地

〒701-0144

岡山県岡山市北区久米177-3

電話番号 050-3816-3084
管轄区域
岡山ナンバー
岡山県のうち倉敷市、笠岡市 井原市、浅口市、里圧町、矢掛町を除く全域
管轄区域
倉敷ナンバー
倉敷市、笠岡市、井原市、浅口市、里圧町、矢掛町

岡山県内で廃車するのに必要な費用

岡山県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー・管轄内ナンバーどちらも変わりません。
廃車を依頼するときに手続きの代行業者へお願いしたり廃車買取業者へ依頼するような手段もあります。こちらでは、個人ですべての廃車の流れを行うときに発生する費用の平均を掲載しています。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

岡山県内で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村