新潟県の廃車手続き Q&A

新潟県内で廃車を予定している方へ廃車に関する方法やギモンにお答えします!

新潟県内で廃車を行うときの流れ

新潟県内で廃車を予定している、 不要になった車があるが廃車の方法がわからずに悩んでいるという方へ、参考にしていただける廃車手続きの方法と廃車に必要な費用についてこちらでご紹介します

新潟県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、新潟県内で車を廃車するとき基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車に必要な書類の準備を行う
  • ステップ.2廃車する車両本体の解体とナンバープレートのカット
  • ステップ.3必要な書類とナンバープレートを管轄の運輸支局へ持参し廃車手続き

まず、廃車に必要な書類の準備ですが、普通自動車と軽自動車とでは必要な書類の内容が異なります



廃車に必要な書類は、車の所有者によっても異なります。書類を揃えていく上で、不明な点があり面倒に感じてしまう方も少なくありません。 また、必要な書類がそろっていない状態で運輸支局へいってしまうと二度手間となることもあります。廃車の書類について不明点が多く、廃車をすることに不安があるという方は廃車業者にお任せするということもできます

必要な書類の準備が完了したら 車両本体の解体を廃車解体を行っている業者へ依頼します。廃車解体を行うことができる業者は、都道府県知事の認可を受けた業者のみと限られています。その際ナンバープレートの取り外しを合わせて依頼し、書類とナンバープレートが手元に揃うと、管轄の連輸支局で手続きを行うことができます。

新潟県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

新潟県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。
今後廃車の予定かがあるという方もぜひ参考にしてみてください

車検が切れている車にも廃車手続きが必要?

車に乗る機会がなくなり、 車検を通さないまま置いている車があります。数年前に車検が切れてから、自動車税の請求書も届いておらず、自宅の敷地内に停めていたためあまり気にしていませんでしたが、廃車手続きをしなくてはいけないのでしょうか?

まず、車に乗る機会がなくなった時はすぐに廃車手続きを進めることをおすすめします。自動車税の請求書が自宅に来ていないといっても、車両の登録情報は運輸支局上存在しています。一時抹消登録や、永久抹消登録といった廃車の手続きをしていなければ、自動車税の課税自体は継続されており、車検が切れている車に対しては課税保留という措置をとっている行政もあるようです。


課税が保留されているということは、もしも現在使用していない車検切れの車を再度利用するため車検を通そうとするときに、自動車税の課税が保留されていて未払い期間の自動車税の支払いが必要になってくるのです。使用の一時中断を行うなら、必ず一時抹消登録手続きを行うことが必要です。


また、不要になったからと長期間車を動かさずに敷地内に停めていると車両本体が劣化していきます。 タイヤの空気圧が減っていたり、 固着してタイヤ自体が回らない状態となると、車を移動したり廃車する際もレッカー費用がかさんでしまったりとマイナスなことが起こりやすくなります。早めの廃車手続きを行うことで、避けることができるトラブルですので、ぜひ参考にしてみてください。

車の解体を依頼したいが、リサイクル券ってなんのことかわかりません。

車の廃車をすることにしました。廃車手続きに必要な書類をそろえて、車の解体を依頼しようと思ったのですが、リサイクル券があるか確認しておいてほしいと業者さんに言われました。リサイクル券とは何なのでしょうか?

車のリサイクル券について、知らなかったという方も多いようです。リサイクル券は、車の廃車解体の処理を行うときに必要な費用を車の最終所有者が負担する必要があり、その費用を預託していることがわかる書類になります。この費用のことをリサイクル料金といい、リサイクル料金は車の型式や年式ごとに製造メーカーが決めており、エアバッグやフロンなど車の廃車解体処理を行うときに費用負担が大きくなる部分に対して所有者が負担するように定めうれています。


平成17年にさだめられたリサイクル法によって、 リサイクル料金の預託が始まったため、以降は車の購入時にリサイクル料金を預託している場合が多く、車検証いれなどに保管しているユーザーが多いようです。 ただし、 17 年より以前に製造された車や、未預託の車両もあるため、 リサイクル券という書類が見つからない場合は、 リサイクルシステムというウェブサイトなどで預託状況を確認してみることをおすすめします

廃車手続き

廃車手続き

新潟県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

新潟県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、 管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。 新潟県内の車両登録ごとの管轄区域 手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

北陸信越運輸局 新潟運輸支局

新潟県内で新潟ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、北陸信越運輸局・新潟運輸支局です。

所在地

〒950-0961

新潟県新潟市中央区東出来島14-26

電話番号 050-5540-2040
ナンバープレート 新潟ナンバー
管轄区域 新潟市、三条市、新発田市加茂市、村上市、燕市、五宗市、佐渡市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡、南蒲原郡、東蒲原郡、岩船郡

北陸信越運輸局新潟運輸支局 長岡自動車検査登録事務所

新潟県内で長岡ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、北陸信越運輸局新潟運輸支局・長岡自動車検査登録事務所です。

所在地

〒940-1104

新潟県長岡市摂田屋町字外川2643-1

電話番号 050-5540-2041
ナンバープレート 長岡ナンバー
管轄区域 長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、糸魚川市、上越市、南魚沼市、魚沼市、妙高市、三島郡、南魚沼郡、中魚沼郡、刈羽郡

新潟県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

新潟県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。新潟県内の車両登録毎の管轄に分けて、軽自動車検査協会の情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 新潟主管事務所

新潟県内で新潟ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、新潟主管事務所です。

所在地

〒950-0868

新潟県新潟市東区妹竹卸新町1927-12

電話番号 050-3818-8638
管轄区域
新潟ナンバー
新潟市、新発田市、村上市、五泉市、燕市、三条市、加茂市、佐渡市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡、西蒲原郡、東浦原郡、南蒲原都、岩船郡

軽自動車検査協会 新潟主管事務所長岡支所

新潟県内で長岡ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、新潟主管事務所長岡支所です。

所在地

〒940-1163

新潟県長岡市平島一丁日3香地

電話番号 050-3816-1851
管轄区域
新潟ナンバー
新潟市、新発田市、村上市、五泉市、燕市、三条市、加茂市、佐渡市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡、西蒲原郡、東浦原郡、南蒲原都、岩船郡

軽自動車検査協会 新潟主管事務所長岡支所

新潟県内で長岡ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、新潟主管事務所長岡支所です。

所在地

〒940-1163

新潟県長岡市平島一丁日3香地

電話番号 050-3816-1851
管轄区域
長岡ナンバー
長岡市、小千谷市、見附市、十日町市、柏奇市、上越市、糸魚川市、魚沼市、南魚沼市、妙高市、三島郡、中魚沼郡、南魚沼郡、刈羽郡

新潟県内で廃車するのに必要な費用

新潟県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。
廃車費用は、管轄外ナンバー・管轄内ナンバーどちらも変わりません。
前もってチェックしておきましょう。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※車の移動ができる状態、持ち込みをすることができるなら無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

新潟県内で廃車する時に必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村