京都府の廃車手続き Q&A

京都府内で廃車をする予定がある方へ、 廃車に関する方法やギモンにお答えします!

京都府内で廃車する方法

京都府内で、車を手放す時は廃車をどのような流れで行うかご存知でしょうか。


京都府内で廃車をするには廃車手続き、廃車解体が必要になりますが、「廃車手続きに必要な書類」や「廃車をするにはいくらくらいの費用がかかるのか」等、わからないことが多いと思います。こちらでは、その不明点について詳しくご説明していきます。


また、実際に廃車をするという方からの質問にもお答えしていますので、廃車をされる前にぜひ参考にしてみてください。

京都府内で廃車を行うときの流れ

こちらで、京都府内で車を廃車するときの基本的な流れについてご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きに必要な書類を用意します
  • ステップ.2廃車予定の車本体の解体を依頼、ナンバープレートカットを依頼
  • ステップ.3廃車手続きの必要書類とナンバープレートを持参し、運輸支局で廃車手続きを行う

廃車手続きに必要な書類は、廃車予定の車が普通自動車か軽自動車かによって異なります。
下記リンク先にて、普通自動車と軽自動車ごとに手続きの流れと必要な書類について詳しくご説明していますので、参考にしてみてください。



京都府内で廃車手続きをするには、まず廃車手続きに必要な書類を揃える必要があります。廃車をする機会は個人として多くはないため、 どのような書類を揃える必要があるのか等不安もあると思います。 特に普通自動車に関しては資産としての廃車手続きが必要なため、自動車検査証上の登録されている所有者の書類を揃えなければいけません。


所有者登録は車両購入時にローン組みなどを使用されていると、ディーラーやローン会社になっている可能性があります。ローンで購入後、完済されていると、名義変更が完了していると思っている方も多いのですが、実は廃車時に確認すると名義変更がなされてなかったということもあります。所有者の書類がなければ廃車ができませんので、 廃車を考えているという方はまず車検証をチェックしておきましょう。


廃車手続きの書類を準備することができたら車本体の解体依頼をします。車本体の解体を行うことができるのは、都道府県知事の認可を受けた車のリサイクル業者のみになります。車と考えると鉄や金属と思われるかもしれませんが、車両にはエアバッグや、エアコンなどに使用されているフロンガスなどもありますので、専門の施設を持ったリサイクル業者でなければ請け負うことができないのです。リサイクル業者へ依頼する際にナンバープレートカットをしてもらうようにしましょう。
廃車手続きに必要な書類とナンバープレートの準備ができたら、京都府内での廃車をすることができる京都運輸支局へ持参し、手続きに入ります。

京都府内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

京都府内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。 今後廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

所有者がディーラーになっているが、廃車をしたい

物損事故を起こしてしまい、不動車になってしまいました。再利用することが難しそうなため、廃車をしたいと思っていますが車検証を確認すると所有者がディーラーになっています。廃車することはできますか?

車の廃車は、所有者本人が廃車するために必要な書類を揃える必要があります。所有者がディーラーで使用者が本人だった場合、使用者より所有者であるディーラーへ所有権解除依頼をしなくてはいけません。所有権解除依頼をするには、ローン残債確認が必要です。基本的には残債が完済していなければ、所有権解除書類は取得することができません。
事故などにより突然不動車になってしまったなど、残債があるがどうしても廃車しないといけない場合などは、ディーラーまたはローン会社へ相談してみましょう。また、ディーラーから取得した所有権解除書類には使用期限が設けられていることがあります。 委任状や印鑑登録証明書に記載されていますので注意しておきましょう。

長く同じ車に乗っていますが、今後維持費が高くなるなら廃車しようか悩んでいます

15年ほど同じ車に乗っています。初年度登録年月を確認すると平成の初めごろでした。そろそろ乗り換えも考えています。維持費などは変わるのでしょうか。

年式が古い車であっても、走行ができる状態でまだまだ使用できるという車は乗り換えをしようか悩む方も多いと思います。乗り換えのきっかけとしては、車検を通すタイミングで車検費用の見積もりが高かった時や、燃費が悪いため良い車へ乗り換えるという方が多いのではないでしょうか。


車の維持費というと、車検費用、ガソリンなどの燃費についても費用に含まれますが、毎年車を所有する上で支払いをしなくてはいけない自動車税や、2年ごとに支払う強制保険の自賠責保険料金なども維持費に含まれます。特に 今回のように年式が15年以上経った車の場合は維持費の増額があります。自動車税は初年度登録より13年以上経過すると増税措置が課されているため、通常の自動車税よりも増額するのです。


地球環境保全のため、燃費の良い車へ買い換えを促していることもあり、エコカーは自動車税減税措置がされています。そのため維持費を抑えることを考えると、乗り換えも利点があるといえます。

廃車手続き

廃車手続き

京都府内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

京都府内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、京都運輸支局で手続きを行う必要があります。京都府内で車両登録されている車の手続きを行う京都運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

近畿運輸局 京都運輸支局

京都府内で京都ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、京都運輸支局です。

所在地

〒612-8418

京都府京都市伏見区竹田向代町37番地

電話番号 050-5540-2061
ナンバープレート 京都ナンバー
管轄区域 京都府全域

京都府内で軽自動車の廃車手続きを軽自動車検査協会

京都府内で軽自動車の廃車手続きを行うには、軽自動車検査協会京都事務所で行う必要があります。京都府内で車両登録されている軽自動車の手続きを行う軽自動車検査協会京都事務所の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽白動車検査協会 京都事務所

京都府内で京都ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、京都事務所です。

所在地

〒612-8418

京都府京都市伏見区竹田向代町51-12

電話番号 050-3816-1844
管轄区域
京都ナンバー
京都府全域

京都府内で廃車するのに必要な費用

京都府内で廃車を行うために必要な廃車費用についてご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー・管轄内ナンバーどちらであっても同じです。廃車の状態次第で費用負担を抑えることも出来ますので、確認してみてください。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※車の移動ができる状態、持ち込みをすることができるなら無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

京都府内で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村