熊本県の廃車手続き Q&A

熊本県内で廃車をする予定がある方へ、廃車に関する方法やギモンにお答えします

熊本県内で廃車する方法

熊本県内で、免許の返納などにより車を使用する機会がなくなったため廃車を考えているという方、特に今まで乗り換えの時は基本的に下取りに出していたという方は、廃車のときの流れや、廃車に必要な書類、廃車時にかかる費用がいくらくらいなのか知らないという方も多いと思います。


費用面や手続きの書類などに心配点を残したままですと、廃車することに不安を感じるのではないでしょうか。
こちらでは、熊本県で廃車をする時の手続きに必要な書類や、廃車にかかる費用についてを詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

熊本県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、熊本県内で車を廃車するときの基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きの際に必要な書類を準備する
  • ステップ.2廃車する車の解体依頼と、ナンバープレートの取り外し
  • ステップ.3廃車の書類とナンバープレートを持参し、運輸支局で廃車手続き

廃車手続きの時に準備する書類は、普通自動車か軽自動車かによって内容が異なります。


普通自動車と軽自動車の廃車手続きに必要な書類について、
下記のリンク先に詳しくご紹介しているページがありますので参照してくだださい。



廃車手続きを運輸支局で行うために、車ごとに必要な書類を揃える必要があります。必要な書類は、車が普通乗用車か、軽自動車かということと、車の所有者によっても異なります。


特に車の所有者登録が法人である場合、普通自動車なら所有者である法人の印鑑登録証明書と実印の用意が必要です。もしも、車検証に登録してある法人の所在地住所から現在の住所が移転している場合は、登記簿膳本(登記事項等証明書)を取得し、所在地の移転歴がわかる公的な書類の準備が必要となります。


特に、所有者がディーラーになっていた場合、もともとの購入先になるディーラーが閉鎖してしまっているなどで連絡が取れないいトラブルが起こる場合もあります。車検証登録内容は、随時更新しておき、名義変更できているか確認しておきましょう。


廃車手続きに必要な書類が用意出来たら、車本体の解体の依頼を業者へ依頼します。車の解体を依頼出来る相手は限られます。車の解体やリサイクルすることが出来る業者は、リサイクル法によって定められている車の解体工程を行う施設を持つ専門業者になっています。


車の解体業者へ依頼する時に、 ナンバープレートを取り外してもらうように合わせて依頼しておきましょう。廃車手続きに必要な書類と、ナンバープレートを用意できたら、二つをあわせて管轄の運輸支局へ持参し、廃車手続きを行います。

熊本県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

熊本県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。 今後廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

離婚した夫の名義になっています。 廃車手続きは可能ですか

車検が切れそうだったので乗り換えようと考えているのですが、車検証の内容を確認したところ、去年離婚協議を終えた元夫が所有者となっており私本人は使用者でした。連絡をしたところ廃車の了承を得ることは出来ました。廃車手続きを行うことは出来るのでしょうか ?

今回のように、所有者の方に連絡が出来て、廃車手続きを行うために協力を得られるなら問題ありません。車が普通乗用車なら所有者へ印鑑登録証明書の準備と、委任状へ実印の押印を依頼しましょう。


また、所有者が車検証登録時の住所と現在の住所の変更があるかどうかも確認することが必要です。もしも住所地の変更があった場合は、 移転経歴がわかる書類もあわせて取得してもらうよう依頼する必要があります。


今回は連絡が取れる方で、廃車を了承して書類の準備に協力が得られる方だったため廃車手続きをすることが可能になりましたが、所有者と連絡がつかない場合など車の廃車手続きが出来ないこともあります。車の譲渡を受けたときは、名義変更を必ずしておくことをおすすめします。

所有している土地に、見知らぬ車が放置されて困っています

自宅から少し離れた空き地に車が違法駐車されており、放置されてしまっています。所有者もわからず、 長期間置かれているためタイヤの空気も抜けているようです。 動かすことが出来ない車で所有者不明の放置車両は廃車できるのでしょうか?
まず所有者がわからない放置車両で、公共の場所ではなく私有地へ放置されてしまっている場合は、警察へ相談をしましょう。 ナンバープレートから車の所有者を調べてもらえる可能性もあります。ただし、私有地の場合警察は相談にはのってくれますが強制執行が出来ません。そのため、土地の所有者が車の撤去に関して動く必要があります。

所有者情報得られなかった場合は、車内に車検証があればそこから所有者を確認します。もし車検証がみつからなければ、車台番号とナンバーブレートを確認して運輸支局で現在証明書を取得し所有者を確認します(普通乗用車に限ります)。


所有者がわかった場合は、まず相手へ配達記録付の内容証明を送り、車の撤去または車の解体をするように連絡します。配達記録があれば、内容証明を受け取りしたかどうかの確認が得られます。


もしも相手が受け取り後に車の撤去または解体をすれば1番早いのですが、受け取り拒否されたり、相手先訪ね所なしで戻ってきてしまった場合は、その送付履歴を残しておき、その後車の所有者があらわれて、撤去後トラブルがおこらないように警告書を作成します。作成した警告書は、放置車両の良く見えるところに貼り付けます。貼り付ける期間は一般的に2週間〜3ヶ月程度ですが、車両状態やそれまでの放置期間によって異なりますので、警察へ相談されることをおすすめします。


警告書の期間、貼り付けていることがわかるよう記録簿にとっておき、警告期間が経過した後は、放置車両を置いている相手へ裁判を申し立てるか、車の廃車業者へ廃車引取りと解体を依頼しましょう。不動車であっても、廃車解体の専門業者の中には不動車を引き取り出来るトラックを保有している業者もいるため、引き取り費用や解体費用を抑えることが出来る可能性もあります。

廃車手続き

廃車手続き

熊本県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

熊本県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。熊本県内の車両登録ごとの管轄区域や手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

九州運輸局 熊本運輸支局

熊本県内で熊本ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、熊本運輸支局です。

所在地

〒862-0901

熊本県熊本市東区東町4丁目14-35

電話番号 050-5540-2086
ナンバープレート 熊本ナンバー
管轄区域 熊本県全域

熊本県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

熊本県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。熊本県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 熊本事務所

熊本県内で熊本ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、熊本事務所です。

所在地

〒862-0902

熊本県熊本市東区東本町16-3

電話番号 050-3816-1758
管轄区域
岐熊本ナンバー
熊本県全域

熊本県内で廃車するのに必要な費用

熊本県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。廃車費用は、管轄外ナンバー管轄内ナンバーどちらも変わりません。
廃車解体費用は、業者次第ではリサイクルバーツなどの買取を行っているため費用がかからず、廃車を買取してもらうことでプラスに戻ってくることもあります。 業者の選定時に確認してみましょう。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

熊本県内で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円〜約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村