広島県の廃車手続き Q&A

広島県内で廃車をする予定がある方へ、 廃車に関する方法やギモンにお答えします!

広島県内で廃車する方

広島県内で車に乗る機会がなくなった、不要になった車があるという方、 廃車をするにはどうすればいいのかわからないと悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。
廃車をする時に必要な廃車手続きの方法や廃車をする時にかかる費用について、 こちらでご紹介します。

広島県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、広島県内で車を廃車するとき基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車に必要な書類を揃えます
  • ステップ.2廃車予定の車の解体を依頼し、同時にナンバープレートを取り外してもらいます
  • ステップ.3必要な書類とナンバープレートを管轄の運輸支局へ持参し廃車手続きを行います

廃車手続きに必要な書類を揃えるにあたって、普通自動車と軽自動車では書類の内容が異なりますので、
下記リンク先より必要な書類を確認してください。



廃車手続きに必要な書類は、廃車する予定の車の所有者次第で変わってきます。
廃車のきっかけはさまざまあると思いますが、 故人の方の車の廃車を遺産相続された方が行う場合などは、必要な書類が複雑になることもあり、廃車手続きなども含めて廃車業者へ一括でお任せするという方もいらっしゃいます。


廃車手続きのための書類の準備ができると、次は車本体の処理を行います。初めて廃車をする方は、本体の廃車処理とは何をするのかと思われるかもしれませんが、一般的に再度使用することが難しい状態の車の場合は、車のリサイクル業者へ解体を依頼します。


車のリサイクルは、都道府県知事の認可を受けた業者のみ行うことが可能です。また、解体を依頼するときに、車からナンバーブレートの取り外しをお願いすることをおすすめします。 普通自動車は封印がついており、個人でナンバープレートの取り外しを行うことが難しいためです。このような流れで必要な書類とナンバープレートを準備できたら、管轄の運輸支局にどちらも持参し、廃車手続きを行います。

広島県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

広島県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。
今後、廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください

家族が亡くなり、遺品を整理したところ車が車庫に

離れて暮らしていた祖父が亡くなり、遺品整理を行うために訪れたところ、使用されていない車が車庫に残っていました。ナンバープレートがついていて、 特に手続きを行っていないようです。 廃車はできますか?
亡くなった家族の廃車をする時は、普通自動車か軽自動車かで必要な手順が異なります。遺された車が普通自動車だった場合、車は資産としての廃車をしなくてはいけません。

今回の方のように亡くなった御祖父様の車の場合は、相続権が御祖母様と御相父様のお子様にあります。相続する人が一人以上の場合は遺産分割協議を行い、代表相続人によって廃車手続きを行うことが可能です。 ただし、普通自動車の遺産相続に纏わる廃車手続きは、必要な書類が複雑になりやすく手続きなどに詳しい方でなければ、すすめるために時間や手間がかかってしまうことも多くなります。

また、相続権がある方と連絡を取れない場合など、書類が揃わないままになってしまうことも少なくありません。使用しないが車の保管料がかかってしまう場合など、負担のある車両として置いておくことがないように手続きを潤滑にすすめるなら、手続きや廃車は廃車業者など専門の業者へ相談されてみるのもおすすめです。


車の解体より手前に手続きを行いたいが、ナンバープレートはどうしたらいいのか

以前は通勤用で使っていた車の車検が切れてしまいました。 今後もしかしたら使用するかもしれません。いったん車の手続きを行いたいのですが、ナンバープレートが必要とのこと。
個人で車のナンバープレートを外す事はできるのでしょうか?
はい、可能です。

自動車には前後二枚のナンバープレートがついています。 車の使用を中止する時など、ナンバープレートと必要な書類を運輸支局へ持参し、 一時抹消登録手続きを行います。 ナンバープレートは普通自動車と軽自動車では留め方が異なります。

軽自動車のナンバープレートの取り外しは比較的に行いやすく、 螺旋回しの工具を準備することではずす事ができます。

普通自動車は軽自動車と異なり、留め具の一箇所に封印がついています。この封印部分を挟り抜き、中に隠れているプラスネジをドライバーではずした後、螺旋回しの工具を使用してはずすことが可能です。

ただし、年式が古く錆付いているものや、特殊ネジなどで接地されていて個人で取り外しが難しい場合もあります。この場合は業者などに手続きを委託し、ナンバープレートについて相談することをおすすめします。

廃車手続き

廃車手続き

広島県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

広島県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。広島県内の車両登録ごとの管轄区域、手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

中国運輸局 広島運輸支局

広島県内で広島ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、広島運輸支局です。

所在地

〒733-0036

広島県広島市西区観音新町4-13-13-2

電話番号 050-5540-2068
ナンバープレート 広島ナンバー
管轄区域 広島市、呉市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸郡、山県郡

中国運輸局広島運輸支局 福山自動車検査登録事務所

広島県内で福山ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、 広島運輸支局・福山自動車検査登録事務所です。

所在地

〒729-0115

広島県福山市南今津町44

電話番号 050-5540-2041
ナンバープレート 福山ナンバー
管轄区域 尾道市、福山市、三原市、府中市、竹原市、豊田都、世羅郡、神石郡

広島県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

広島県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。広島県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。。

軽自動車検査協会・広島主管事務所所

広島県内で広島ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、広島主管事務所です。

所在地

〒733-0036

広島県広島市西区観音新町4丁目13番13-4号

電話番号 050-3816-3080
管轄区域
広島ナンバー
広島市、呉市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸郡、山県郡

軽自動車検査協会 広島主管事務所福山支所

広島県内で福山ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、広島主管事務所福山支所です。

所在地

〒729-0115

広島県福山市南今津町41番地

電話番号 050-3816-3081
管轄区域
福山ナンバー
福山市、尾道市、三原市、竹原市、府中市、豊田郡、世羅郡、神石郡

広島県内で廃車するのに必要な費用

広島県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。
廃車費用は、管轄外でのナンバー、管轄内のナンバーどちらも変わりませんが、
予め確認をしておくことで、どの費用を抑えることが出来るかなどの参考にしていただくことができます。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円〜約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円〜約15,000円
※車の移動ができる状態であり、対応する業者が持込対応しているなら費用がかかりません。
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円〜約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円〜

広島県内で廃車するときに必要な費用の平均は、約20,000円〜約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村