群馬県内で廃車をする予定がある方へ、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

群馬県内で廃車する方法

群馬県内で 車が故障してしまったり、家人が使わなくなってしまった車が置きっぱなしになってしまっているなど様々なきっかけから自家用車を廃車する予定があるという方へ、わかりやすく廃車の流れや廃車手続きについて、こちらでご紹介したいと思います。


廃車手続きは書類が複雑そうで不安、廃車する時にかかる費用が高そう、手続きに関して不明点が多いことが心配など、なかなか 廃車に踏み切れず時間が経ってしまったという方も少なくありません
こちらでは群馬県で廃車をする前に、気になる廃車手続きに必要な書類についてや、廃車にかかる費用のことをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

群馬県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、群馬県内で車を廃車するときの基本的な流れをご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きに必要な書類を用意する
  • ステップ.2廃車予定の車の解体を依頼 ナンバーフレートカット
  • ステップ.3必要書類とナンバープレートを持参し、運輸支局で廃車手続き

廃車の手続きに必要な書類は、昔通自動車と軽自動車など車によって書類の内容が異なります。廃車手続きに必要な書類については詳細を下記リンク先に載せていますので、参照してください。



自家用車の廃車手続きに必要な書類を揃える際の注意点は、車検証登録上の所有者情報です。
所有者の必要な書類の内容としては、印鑑登録証明書と実印の準備です。


廃車手続きを初めて行う方に注意していただきたいポイントは、車検証の所有者情報です。車検証の所有者について、廃車前に改めて確認するとディーラーのままや、ローン会社のままになっていたということがあるのです。 所有者が、購入時のディーラーになっていた場合、所有権解除書類がなければ廃車手続きをすすめることが出来ません。年度末や、月末までに廃車手続きをしたいと思っていても、書類が揃わなければ期日に間に合わないこともありますので、前もって車検証の所有者欄を確認しておきましょう。


廃車手続きに必要な書類を準備することが出来たら、廃車する車本体の解体依頼をします。廃車の解体は、車のリサイクル専門業者が行っています。 車のリサイクルは、平成17年に定められたリサイクル法によって、都道府県知事の認可を受けた車のリサイクル業者のみが解体を行うことが出来るようになりました。車に含まれているエアバッグの処理や、フロンガスなどの環境汚染に関わる処理には専門の施設が必要ですので、解体を任せる業者はしっかり選んで依頼しましょう。


廃車解体の依頼をして、解体する際に車のナンバープレートをはずしてもらいます。その後、廃車に必要な書類とナンバーブレートを持参し、管轄の運輸支局で廃車手続きを行います。

群馬県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

群馬県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。 今後廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

車検が切れてしまった車を置いたままにしていて

車検が切れてしまった車をずっと保有しているのですが、 いつか車検を通して再登録しようと思っていたものの、足回りも錆ついてきてしまったため廃車しようと思います。
バッテリが上がっているのか、エンジンもかかりません。 廃車できますか?

まず車検切れの車や、動かない車であっても廃車することは可能です。車検が切れてしまっていても、 抹消登録手続きがされていなければ運輸支局登録上の車両情報は生きています。 足回りも錆びていて中古車としての利用は難しい状態とのことですので、車は解体予定となるのではないでしょうか。


この場合も車検証の所有者による書類の準備、動かない車の運搬の依頼、車の解体を行って、抹消登録手続きを完了すると、廃車完了です。 動かない車の運搬にレッカー車を個人で手配すると不動車の状態にはよりますが、 レッカー費用だけで数万円かかってしまうこともあります。


このような状態の車を廃車することを考えている場合は、レッカ一費用の負担を廃車解体業者でうけもっているところや、廃車買取業者のような一括サービスの中に引き取りを含めているところへ依頼することで、費用負担を抑えることが出来る可能性があります。

廃車予定の普通乗用車が結婚前の名前で登録したままになっていました

実家で所有していた車を、結婚後もそのまま乗っていたのですが、古くなったため買い換えることにしました。
車検証を確認したところ、所者欄が旧姓のままで、住所も現在の住まいではなく実家になっています。必要な書類って増えますか?

普通自動車の廃車手続きを行うには、所有者の印鑑登録証明書と実印の準備が必要です。印鑑登録証明書の登録情報と、車検証記載の所有者情報を一致させる書類を取得しましょう。今回のように結婚し入籍されたことで姓の変更があった場合は、戸籍膳本を取得し旧姓の表示がある書類を用意します。


また、ご実家から現在のお住まいまでに一度引越しをしている場合は、住民票を取得します。住民票に記載されている前住所欄を確認していただき、そこにご実家の住所が記載されていれば、移転経歴がつながります。


今回の追加で必要な書類は、 戸籍膳本と住民票となります。ただし、本来は車検証登録情報がかわった時点で登録内容の変更をする必要がありますので、気をつけましょう。

廃車手続き

廃車手続き

群馬県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

群馬県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。群馬県内の車両登録ごとの管轄区域、廃車の手続きを行う運輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

関東運輸局 群馬運輸支局

群馬県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、群馬運輸支局です。

所在地

〒371-0007

群馬県前橋市上泉町399-1

電話番号 050-5540-2021
ナンバープレート 群馬ナンバー
管轄区域 渋川市、伊勢崎市、太田市、桐生市、沼田市、富岡市、みどり市、藤岡市、館林市、北群馬郡のうち(棒東村)、多野郡、甘楽郡、吾妻都、利根郡、佐波郡玉村町、邑楽郡
ナンバープレート 前橋ナンバー
管轄区域 前橋市、北群馬郡のうち(吉岡町)
ナンバープレート 高崎ナンバー
管轄区域 高崎市、安中市

群馬県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

群馬県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。群馬県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 群馬事務所

群馬県内で群馬ナンバーと前橋ナンバーと高崎ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、群馬事務所です。

所在地

〒371-0132

群馬県前橋市五代町1047-2

電話番号 050-3816-3109
管轄区域
群馬ナンバー
渋川市、伊勢崎市、太田市、桐生市、沼田市、富岡市、みどり市、藤岡市、館林市、北群馬郡のうち(棒東村)、多野郡、甘楽郡、吾妻都、利根郡、佐波郡玉村町、邑楽郡
管轄区域
前橋ナンバー
前橋市、北群馬郡のうち(吉岡町)
管轄区域
高崎ナンバー
高崎市、安中市

群馬県内で廃車するのに必要な費用

群馬県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。 廃車費用は管轄外ナンバー、管轄内ナンバーどちらも変わりません。 廃車手続きの書類準備費用に関しては抑えることが難しい部分です。
特に普通自動車は取得から3ヶ月以内の印鑑登録証明書の原本が必要になりますので、過去に取得していて保管していたものがあっても期限内でなければ使用できないため、再取得をしなくてはいけません。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円~約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円~約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円~約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円~

群馬県内で廃車するときに必要な費用平均は、約20,000円~約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村