岐阜県内で廃車をする予定がある方へ、廃車に関する方法やギモンにお答えします!

岐阜県内で廃車する方法

岐阜県内で、初めて廃車を考えているという方は、廃車の手続きや廃車にかかる費用などわからないことが多く、不安に思っている方もらっしゃるのではないでしょうか。
こちらでは、岐阜県内で廃車をする時の流れや廃車手続きには欠かせない必要書類のこと、また廃車をする時にかかる費用についてを詳しくご紹介いたします。

岐阜県内で廃車を行うときの流れ

こちらでは、岐阜県内で車を廃車するときの基本的な流れについてご紹介します。

  • ステップ.1廃車手続きの必要書類を準備する
  • ステップ.2廃車する車の解体処理を依頼 ナンバープレートを取り外す
  • ステップ.3必要な書類とナンバープレートを持参し、管轄の運輸支局で廃車手続き

廃車手続きのために必要な書類の準備をする際、普通自動車と軽自動車では書類の内容が異なります。一般的に廃車手続きの前に準備する必要な書類についてをご紹介している下記リンク先ページもぜひ参考にご覧ください。



車の買い換えをする方は、 ディーラーでの下取りで車を乗り換える方も多く、車に乗る機会が無くなってはじめて廃車手続きをすることにしたという方も少なくありません。


廃車に必要な書類は、もともとの車の所有者 (自動車検査証登録上) によって異なります。まず廃車をしようと考えた時、 手元に車検証を御用意いただき所有者の欄を確認してください。 所有者が車検証を見ている本人であっても、登録されている住所が現在の住まいではなく、引越し前のご住所であったりと、気づくことがあるかもしれません。


廃車手続きに必要な書類の準備と平行して、車本体の廃車処理をすすめます。年式が古かったり、車自体に故障などの箇所がある場合は中古車としての売却は難しいでしょう。 このような車は、リサイクル業者へ解体を依頼することになります。


このリサイクル業者への依頼をする時に、車が動かせない場合は、別途、車の運搬の依頼が必要になることもあります。
また、リサイクル業者へは合わせてナンバープレートの取り外しを依顔しておきます。 廃車手続きの書類の準備と、車のリサイクル (解体)が依頼出来たら、管轄の運輸支局にて廃車手続きを行います。

岐阜県内で廃車をする時の廃車手続き Q&A

岐阜県内で廃車手続きを予定している方からいただいた質問にお答えしています。 今後廃車の予定があるという方もぜひ参考にしてみてください。

廃車予定の車の車検証を見たら、住所が昔の番地に

長く乗ってきた普通乗用車を廃車することになり、いざ手続きに必要な書類を揃えようと車検証をチェックしたところ、引越しをしたわけではないものの自宅の番地が違っていました。以前、地番変更があったことを思い出しましたが、この場合どのようにすればいいのでしょうか。

普通乗用車の廃車手続きを行うとき、準備する書類に印鑑登録証明書と自動車検査証があります。二つの書類に記載されている所有者の住所氏名が一致していることを確認できる必要があります。
ただし、今回は引越しをされていたわけではありませんので、住民票を取得して移転前の前住所とのつながりを確認するというわけではありません。


地番変更は、平成になって区画整理を行った行政も多いため車検証の登録内容を変更していなかったという方も多いのです。
この場合、お住まいの役所で区画整理証明書(または地番変更証明書)を取得されることで、 同じ住所であることがわかり、廃車手続きをすすめることが可能になります。

車検があと一年残っているものの使用する機会が激減、もったいない?

自宅からの移動手段としてセカンドカーを購入したところ、軽自動車がコンバクトで足回りも良いと感じ、もともと所有していた普通車を手放すことに。ただ、車検があと一年ほど残っています。車検が切れてからの廃車でもいいでしょうか?

普通自動車を使用しないまま維持していては、 手続きを行うことで受け取れる還付がなくなってしまい大変もったいない思いをされることになります。


特に車検が残っている車ということは、強制保険である自賠責保険や、重量税を前もって支払っているため、手続きを行うことで使用されなかった分は返戻金として手元に戻るのです。


また、廃車手続きを年度中に行うことで、自動車税についても使用しなかった月の分が残っているのなら、月割りの還付があります。不要ではない車なら維持されることもあると思いますが、ほとんど乗っていない車なら早めに廃車手続きを行うことをおすすめします。

廃車手続き

廃車手続き

岐阜県内で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

岐阜県内で、普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で手続きを行う必要があります。
岐阜県内の車両登録ごとの管轄区域や、手続きを行う連輸支局の所在地をこちらでご紹介します。

中部運輸局 岐阜運輸支局

岐阜県内で岐阜ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、岐阜運輸支局です。

所在地

〒501-6133

岐阜県岐阜市日置江2648-1

電話番号 050-5540-2053
ナンバープレート 岐阜ナンバー
管轄区域 岐阜市、大垣市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞良市、羽島市、恵那市、土岐市、美濃加茂市、各務原市、可児市、山県市、瑞恵市、本巣市、郡上市、海津市、羽島郡、養老郡、不破郡、安八都、本巣郡、加茂郡、可児郡、揖斐郡

中部運輸局岐阜運輸支局 飛騨自動車検査登録事務所

岐阜県内で飛騨ナンバーの普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局は、岐阜運輸支局飛騨自動車検査登録事務所です。

所在地

〒506-0035

岐阜県高山市新宮町830-5

電話番号 050-5540-2054
ナンバープレート 飛騨ナンバー
管轄区域 高山市、下呂市、飛騨市、大野郡

岐阜県内で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

岐阜県内で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。岐阜県内の車両登録ごとの管轄区域や、軽自動車検査協会の所在地など詳しい情報をご紹介します。

軽自動車検査協会 岐阜主管事務所

岐阜県内で岐阜ナンバーと飛騨ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、岐阜主管事務所です。

所在地

〒501-6256

岐阜県羽島市福寿町千代田3丁目83番

電話番号 050-3816-1775
管轄区域
岐阜ナンバー
岐阜市、大垣市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、美濃加茂市、恵那市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、郡上市、本巣市、海津市、養老郡、不破郡、安八郡、本巣郡、加茂郡、可児郡、捐斐郡、羽島郡
管轄区域
飛騨ナンバー
高山市、飛騨市、下呂市、大野郡

岐阜県内で廃車するのに必要な費用

岐阜県内で廃車を行うために必要な廃車費用をこちらでご紹介します。
廃車費用は管轄外ナンバー、管轄内ナンバーどちらであっても同じです。費用負担を出来るだけ抑えることが出来る項目も費用によってはありますので、前もってチェックしましょう。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続きの書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円~約1,000円
廃車の運搬費用
廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円~約15,000円
※持ち込みの場合無料
廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円~約10,000円
廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円~

岐阜県内で廃車するときに必要な費用の平均は、約20,000円~約30,000円となります。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

市区町村