廃車手続きは車ごとに異なり、完了するには車の引取り・解体・書類手続きが必要です。
こちらでは、普通自動車の廃車手続きについてご紹介します。

普通自動車の廃車手続きの流れ

普通自動車の廃車の際に役立つ、廃車手続きの流れをこちらでご紹介します。基本的には軽自動車の廃車の流れと変わりはありませんが、書類の手続きを行う運輸支局の場所が異なりますのでご注意ください。

STEP.1廃車予定の普通自動車の引き取りを依頼

事故や故障により動かなくなった車や、車検の切れてしまった普通自動車を廃車する場合、ご自分で運転をして車を移動させることが出来ません。そのため、廃車処理を行っている専門業者へ持ち込み以外の方法で車を移動する必要があります。車を運搬するには、レッカー会社やロードサービスへの依頼します車の運搬先を廃車解体業者に依頼するか、廃車買取業者へ運ぶか次第で廃車の引取りに必要な費用は変わってきます。

STEP.2廃車解体業者で車本体の解体を依頼

廃車予定の普通自動車が不動車や故障車で中古車としての再販が出来ない時や、再販価値が低い低年式車や多走行車の場合、中古車買取では値段が付きづらく不要になった車は解体し、永久抹消登録を行うことになります。この「永久抹消登録」は、廃車の解体工程をすべて行い、解体報告をリサイクルシステムで上げてから行うことが出来ます。
平成17年に定められたリサイクル法により廃車の解体処理を行うことが出来る廃車解体業者は都道府県知事の認可を受ける必要があり限られています。また、この廃車解体の依頼を行う時に廃車手続きに必要な車のナンバープレートも合わせて取り外してもらうよう依頼しましょう。

STEP.3普通自動車の廃車の書類手続きは管轄の運輸支局へ

普通自動車の廃車手続きは、管轄の運輸支局にて行います。 こちらでは、自動車を解体し永久抹消登録を行う時に必要な書類についてご紹介します。必要な書類は8項目あります。

必要書類8項目

  • 自動車検査証
    (車検)

    自動車検査証イラスト

  • 自賠責保険
    証明書

    自賠責保険証明書イラスト

  • リサイクル券

    リサイクル券

  • ナンバープレート
    前後2枚

    ナンバープレートイラスト

  • 印鑑登録書

    印鑑登録書イラスト

  • 実印

    実印イラスト

上記書類を用意し、管轄の運輸支局において手続きを行います。

※車検の有効期間が一か月以上ある場合は、期間内に永久抹消登録を行うと重量税、自賠責保険料金などの車を所有する上で前もって支払っていた未使用の金額が還付されます。

永久抹消登録を行う時に自動車の解体報告日と移動報告番号が必要です。不明な場合は依頼した解体業者に問い合わせるとわかりますので、確認しておきましょう。※年度末など解体依頼が混みあっている業者では解体工程がすぐに完了できないということもあります。解体完了の目安などは依頼する時に事前に聞いておくことをおすすめします。

すべての書類手続きを運輸支局で終えた後、自賠責保険の解約手続きもあわせて行い、受け取ることが出来る還付申請はすべて行いましょう。


廃車費用を抑える方法

廃車費用を抑える方法

普通自動車の廃車にかかる費用

普通自動車の廃車にかかる費用 不動車ならそれに加えて レッカー代・手数料がかかる

普通自動車の廃車手続きにかかる費用は平均として約20,000円~約30,000円が目安になっています。

廃車費用の内訳は、「解体費用」が約10,000円~約20,000円、その車両を最後に処分する人が払う「リサイクル料金」が車種にもよりますが約10,000円~約18,000円かかります。不動車の場合はレッカー費用などが別途で約5,000円~約10,000円くらいかかることもあります。そして手続き当日に提出する書類の準備や事務手数料はあわせて350円程度です。 このため、廃車費用合計は約30,000円~約60,000円が相場となっています。

廃車費用をお得にする方法

廃車費用の相場は約30,000円~約60,000円でした、もちろん車を処分することで維持費の支払いなどがなくなり負担は減りお得ですが、出来たら費用を払わずにさらにお得に廃車したいですよね。実は、高額にかかる廃車費用を支払うことなく廃車するお得な方法があります。それは、廃車予定の普通自動車を買取業者へ売却することです。普通自動車は廃車同然のボロボロの状態であっても、事故車や故障車でも利益を出すことが出来て買取をすることが出来る廃車買取業者がいるのです。

廃車予定の普通自動車を買取することが出来る業者とは

廃車予定でボロボロの古い車、車検が切れて3年間置いたままの車など、中古車としての再販も見込めず、買取がつかなさそうな車であっても実は買取をすることが出来る業者があります。廃車予定の普通自動車を買取することが出来る、廃車買取専門の業者へ売却することで、廃車の費用をかけずに廃車をすることが出来、さらに買取金額ももらえるためお得ですよね。

こちらで、なぜ廃車予定の普通自動車を買取をすることが出来るのか。良い廃車買取業者は何処かについてご紹介します。

廃車買取業者はなぜ買取が可能なのか

高値で売ることができます

廃車買取を専門に行う業者は、古い車や多走行車、事故や故障で動かない廃車同然の状態の普通自動車も、買取を行なうことが出来ます。 それは、買い取って引き取りをした廃車から外装パーツや部品を取り出し、点検整備と修理、動作チェックを完了することで、再度リサイクルパーツとして売却することが出来るからです。リサイクルパーツは国内だけでなく海外でも人気が高くなっている国産車メーカーのものが多く、需要も上がってるため売却利益を見込めることからもともとのユーザーからの買取をする時に還付することができています。

おすすめの廃車買取業者をご紹介

価値が大きく変わる

廃車予定の普通自動車の買取額は廃車買取業者が独自に持つ買取後の販路の多さやルートによって大きく変わります。 特に事故や水没などの災害によって不動になってしまった普通自動車の場合、それぞれの業者によって価値が大きく変わるので、価値の差は数十万円以上変わってしまうことがあります。
最近では一括査定などの便利なサービスがありますが、実際に使ってみると複数の買取業者から一度にたくさん電話がかかってくるので、電話対応と調整が大変というお声も多いようです。どうせ売るのであれば一番高い業者に買い取ってもらいたいし、電話一本で済ませたいですよね。

そのような時はカーネクストのオンライン査定一番カンタンに見積もりを取ることが出来、尚且つ高く売ることができるかもしれません。 おすすめの一番の理由としては、全国の廃車買取を専門に行っている業者15,000社以上と提携しているため、販路が多く高額査定が期待できるからです。 これなら時間も手間もかけることなく愛車の査定額を知ることができるためおススメの廃車方法となっています。

オススメのカーネクスト
高価買取してもらう
高価買取してもらう