お得に廃車する上で知っておきたい還付金制度についてご説明いたします。


廃車の還付金制度とは?

廃車による還付金制度とは一体どういったものでしょうか?

廃車にすると自動車税が還ってくる

廃車手続きを陸運局で行うと、その月から3月までの自動車税が還ってきます。
4月から翌年3月分まで自動車税を既に支払っていますが、廃車にした場合既に支払っているその翌月からの自動車税分が還ってくる制度です。
通常、廃車手続きを行う際に同時に自動車税還付の申込書にも書き込みます。


自動車税とは?

自動車の所有者が毎年4月に、翌年3月分までの自動車税を支払うことになっている税金です。
軽自動車は一律7200円、普通自動車は500cc毎に区切られて排気量が上がる程に高くなります。

自動車税還付金の金額

お得に還付金がもらえる方法とは?まずは還付金の金額について把握してみましょう。

還付金の金額

自動車税還付金の金額は廃車を行う月によって異なります。
4月に既に年間の自動車税を支払っており、支払い済みの残りの月の分を申請することで還ってきます。


例えば、9月中に廃車にする場合は残りの10、11、12、1、2、3月分の自動車税が還ってきます。
支払い済み年間の自動車税の6ヶ月分ですね。
3月に廃車にしたら還付金は0円です。4月に廃車手続きを行えば11ヶ月分が還付金として還ってきます。


還付金が少なくなれば、かかる廃車の費用も上がってしまうので迷っている方はなるべく早く廃車手続きを行ってしまったほうが良いですね。

>>効率の良い廃車手続きと費用を抑える方法


軽自動車の自動車税還付は無い

なお、上記は普通自動車の場合です。
軽自動車はもともと自動車税が安いということもあり、いつ廃車にしても還付金はありません。つまり、3月中には手続きを行わないと翌年分の自動車税を支払うことになります。もし廃車でお悩みであれば4月に入る前にご決断をされることをお勧めします。


廃車費用を抑える方法

廃車費用を抑える方法


自動車税還付の申請方法

では、ここからは実際の申請方法についてお伝えします。

申請方法

申請は通常、廃車手続きを行うときに同時に申請書も提出してしまいます。
廃車手続きを行う場所と同じ、陸運局と同じ場所に還付金申請書を提出する「自動車税事務所」があるはずで、そこに提出します。窓口は平日しか空いていませんし17:30に閉まります。勝手が良くないので、多くの人は廃車手続きを行った直後に還付金申請も行います。その後数カ月後に指定した口座に還付金が振り込まれます。その数カ月間に審査が行われています。
上述したとおり軽自動車の廃車であったり廃車時期が3月であったり、自動車税が未納だった場合には還付金の振込はありません。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ