台風や豪雨などの自然災害により、
車の走行中の冠水や車の保管中の水没トラブルなどが増えています。

水没・冠水してしまった車の処分はどうする?

冠水や水没により動かなくなってしまった車の処分は、どのように行うことが適切なのでしょうか。 水没車、冠水車の適切な廃車の方法をこちらでご紹介します。

水没・冠水してしまった車の処分はどうする?について

水没車、冠水車は状態により廃車の方法が変わる

水没車、冠水車は状態により廃車の方法が変わる

まず水没してしまった車の状態によって、適切な廃車の方法は異なります。
水没の状態がタイヤの半分程度までの場合は比較的修理費用が高額にならずに修理が可能な場合が多くなっています。 タイヤ交換など必要になる可能性がありますので一旦修理費用の見積もりをとってみて廃車するか悩まれることをおすすめします。
もしも、タイヤがすべて浸かってしまうくらいの水没の場合排気口やマフラーの高さまで水没している可能性が高く、エンジン内部まで浸水していることがあります。
この場合はエンジンがかかったとしても走行中に内部でエンジンが破損してしまうなど危険が伴いますのでエンジンを動かさずに廃車または修理の見積もりをとりましょう。

フロアまでの浸水なら修理よりも廃車

フロアまでの浸水なら修理よりも廃車

車のフロアマット以上に水没・冠水してしまった場合、エンジンルームの浸水やフロアの浸水のため修理が高額になったり、汚水などによる浸水で匂いや雑菌の繁殖などが問題となるため、内装をすべて交換しても回復が難しいこともあります。この場合、車は廃車をされることをおすすめします。
また、フロアまで浸水してしまった車であっても買取を行なっている売却先を間違えなければ、買取を行なっている業者はありますので、廃車の費用をかけることなく行うことが出来るのです。

水没車、冠水車の適切な廃車の方法

水没車や冠水車などの動かなくなってしまった車やエンジンを掛けることが出来ない車は廃車に費用がかかってしまうのではと不安になる方も多いと思います。
実は、水没や冠水などにより故障して動かなくなった車も売却先次第で売ることが出来ます。売却をすることが出来れば、お金をかけて面倒な廃車手続きをする必要もないため、廃車の負担を減らすことが可能になります。

水没車、冠水車の適切な廃車の方法

水没車・冠水車を買取することが出来る廃車買取業者

不動車や故障車の廃車を専門に行っている廃車買取業者なら水没してしまった車を買い取ることが出来ます。 とくに水没車は状態次第では動かすことも難しい状態の車が多くなっていますが、 不動車を専門に廃車買取をしている業者は動かない車の引取りが可能な引取専用のレッカー車を保有しているなどの強みがあります。


水没車・冠水車であっても買取が出来る理由

水没車、冠水車でも廃車買取業者が買取出来るのはなぜでしょうか。それは、故障などで動かなくなった車からもパーツなどを取り出して、リサイクルパーツとして売却することが可能なためです。

日本車が海外で人気であるというのは有名ですが、実は「日本で走っていた車」も海外で人気なため、リサイクルパーツなどを海外で売却する販路をもつ廃車買取業者なら廃車買取り金額を高くつけることが出来ています。

日本は世界の中でもかなり厳しい基準の車検制度があり日本で走っていた車は保安基準の高い車として世界で有名です。

また海外では砂や砂利道を走ることもある中、日本の特に都市部の道路事情はアスファルトがほとんどのため車体に与えるダメージが少ないといわれています。 今回のように水没車でも修理用の部品や、中古車の装備品として、再利用が可能な部分があれば、海外で需要が高いため買取が付けることが出来るのです。


水没車の買取に強い廃車買取業者はカーネクスト

カーネクストは、全国の不動車、事故車専門の廃車業者と多数提携しています。また、自社に独自の海外への販路を持っているため高額査定の可能性が高くなっています。現在までの廃車買取実績の中にも、水没で動かない車の買取実績が多数あります。引取費用や、廃車手続きなどの廃車にかかる費用も完全無料ですので、水没車の処分にお困りの方の負担になりません。

廃車費用を抑える方法

廃車費用を抑える方法

水没車の廃車をする時のポイント2つ

水没車の廃車を行う時のポイントを2つご紹介します。確認してみましょう。

水没車の廃車をする時のポイント2つ

廃車に必要な書類が水没!

自動車検査証や自賠責保険証など、車の運行時に所持している必要がある書類が車が水没や冠水をしてしまった時に、一緒に水没してしまうことがあります。その場合、素材自体が水に弱い紙素材のため破損してしまったり滅失してしまうことがあります。

廃車の手続きは、自動車検査証自体は紛失してしまっていてもすすめることが可能ではありますが、車検証記載の情報を確認出来ることで廃車手続きがスムーズにすすみますので、念のため車検証の再発行を運輸支局で行われることをおすすめします。

また、自賠責保険証は自賠責保険を解約するために必要です。車検が残っている状態の車は、不要になった車の廃車手続きを行うと自賠責保険の解約が可能になり、使用されなかった保険料が返戻金として手元に戻ります。そのため、保険契約を行った車屋やディーラーまたは保険会社に再交付を依頼し、出来るだけ早く解約されることをおすすめします。

水没車を買取業者へ見積もりに出す前に

水没や冠水してしまった車を廃車する時、廃車買取業者で見積もりをとります。その際に実車査定を行う業者の場合、前もって車内の換気を行い、乾燥させておくことをおすすめします。

換気を行うことで、匂いが少し改善されたり雑菌の繁殖を防ぐことが出来るた見積もりも良い査定が出る可能性があります。

費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ

↑費用は無料、カンタン20秒で入力完了↑