車検が満了を迎えるタイミングになると、
『廃車にするか』『次回の車検を受けるか』迷う方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、廃車か車検を受けるべきかについてご紹介します。

廃車をする?車検を受ける?

車検の有効期間が終了する前や、モデルチェンジ後のパーツ生産終了のタイミングなど、次回の車検を受けるか廃車をするべきか、悩むきっかけはいくつかあると思います。 こちらでは、車を継続して車検を通するかどうか判断する基準やタイミングについてご紹介していきます。

継続車検を受ける?修理代の見積もり次第で決めよう

継続車検の見積もりをとると修理箇所があった。その修理費用が高額になったため、廃車にすることにしました。15年落ち18万kmのフォルクスワーゲン・ポロに乗っています。近々車検を迎えるにあたり見積りを出したら、40万円でした。修理すべき部分が多く、特にエンジン内部の修理が必要とのことでこの値段になりました。これだけお金がかかるのであれば廃車にしようとも考えているのですが、愛着があるゆえになかなか廃車に踏み出せませんでした。

ポイントは、外国産車の修理代は高額な場合が多いということです。特にパーツなどを海外の工場から取り寄せて日本で修理する必要がある場合は、取り寄せの輸送費を含めての修理代金の見積もりになるため、高額になります。また、今回のお車のように、15年落ち18万kmとなると走行距離や年式を考えても故障個所が出てきてもおかしくはありません。今後、もし一度修理を行って走行が出来る状態になったとしても、今後もまた故障する可能性もあり、そうすれば修理代がかさむのは必至です。もしこれからも乗って行きたいというのであれば、その修理代を抑えるためにも定期的なチェックが欠かせません。車検を通すか、廃車するかの判断基準として車検の見積もりと修理費用の代金次第となります。

車検を通すより、廃車したほうがお得な場合もある

車は維持するためには車本体の保管料や、自動車税、保険料などの維持費が必要となります。せっかく車検を通して継続して所有していても車を利用する機会が少ない場合、維持費にお金がかかってしまうためマイナスになることもあるのです。 また、車検自体も通すために費用がかかります。車を二年間所有していて、使用する回数が数えるほどしかない場合は車を所有せず、レンタカーサービスやカーシェアリングといった車を利用するサービスを使うことも出来ます。 さらに車検を通さずお得に廃車ができる要因として、廃車を買取してもらうことで手元に買取金額が入りプラスになることがあります。 これは、廃車を売却する相手を間違えずに売却し、廃車手続きなどをすべて費用をかけずに行ってもらうことでプラスになる方法です。


廃車費用を抑える方法

廃車費用を抑える方法

車検切れの車を廃車買取業者へ売却

車検を通さず廃車する判断をした時は、廃車費用をかけずに廃車したいと思いますよね。 実は廃車買取業者へ売却を行うと、廃車引き取りの費用や廃車手続きの代行費用などをかけず無料で廃車をしてもらうことができるので、費用も掛からない分かなりお得に廃車が出来るのです。

おすすめの廃車買取業者をご紹介

廃車買取業者の中には、廃車の手続きの手数料が別途必要になったり、引取のレッカー費用がかかってしまうところや、車本体の解体施設がないため外部発注となり解体費用を請求する業者もいます。こちらでは、廃車の手続きや、引取の費用が無料で、解体費用もかからないおすすめの廃車買取業者をご紹介します。
それは損をすることなくお得に廃車が可能な廃車買取専門のカーネクストです。

廃車買取のカーネクストのお得な3つのポイント

  1. 全国対応の廃車引き取りで、レッカー費用無料
  2. 廃車手続き抹消登録代行費用・廃車解体費用が無料
  3. どんな車も0円以上の買取保証

廃車に必要な手数料が一切かからず、負担なく廃車が出来て、どんな状態の車も0円以上の買取を保証しているので、車検切れの車や修理費用が高額な見積もりとなった故障車などもすべて0円以上! 損をすることなくお得に廃車が可能な廃車買取専門のカーネクストは、年中無休で車の見積もりも無料で確認が出来ます。


費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ
費用をかけずに廃車処分したい方はコチラ