廃車・買取・車検など車の手続きは廃車手続き.name!

スクロール

車の維持費は1年間でこんなにも?!

不要になり使わなくなった車を持ち続けて放置していると、車の所有者が大きく損をしてしまっていることをご存知でしょうか。例えば、車を使用していた人が運転免許を返納し乗らなくなったまま放置してしまっていたり、お仕事で長期出張となり車を利用する機会はなくなったが、そのままという方も少なくないでしょう。

自動車の1年間にかかる維持費(TOYOTAカローラの場合)

車の合計維持費

乗らない車を放置しているとこんなにも損をしているのです!

合計の維持費

合計維持費金額

483,305

使わない車は廃車するのがお得でオススメ

使用していない不要車を一年間維持するための費用として、こんなにお金がかかっているのです。カーネクストは、不要車の無料引取りと廃車の買取りを行っていますよ。使っていない車があるものの、廃車が面倒と放置してしまい損をしてしまっている方は、一度、電話やインターネットによる無料査定ですぐに査定金額を教えてもらうことが出来ます。一度ご相談してみては?

廃車手続きならカーネクスト

自動車手続きに関するコンテンツ

廃車手続き

廃車手続きとは、使用しなくなった車・長期的に使用しない場合に行う手続きが廃車手続きです。廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録があります。

車検登録

車検登録とは、自動車やバイク等が安全に走行できるコンディションなのか、一定期間ごとに国の基準に基づき検査する制度のことを言います。

住所名義変更

廃車手続きとは、使用しなくなった車・長期的に使用しない場合に行う手続きが廃車手続きです。廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録があります。

車買取り

自動車買取りについて、様々な情報をご紹介しています。自動車を高く売るための方法、エリア別に車買取を行っている業者さんをご紹介しています。

自動車税還付金

自動車にかかる税金や維持費など、廃車にすると受け取ることができる還付金について、またその還付金の受け取り方法など詳しくご紹介しています。

車のコラム

自動車に関する豆知識や役に立つ情報を随時更新しております。自動車のトラブルやよくある疑問をわかりやすくまとめています。

自動車に関するよくある質問コーナー

Q

廃車方法により費用も異なりますが、自分で廃車を行う場合は窓口までの交通費・印紙代(普通車:無し・軽自動車:約350円)となります。また、永久抹消登録をする場合は車の解体を行った後でないと手続きはできないため、自分で解体業者に依頼しなければいけません。解体費用も必要となります。さらに、動かない車となるとレッカー費用も別途かかってきてしまいます。廃車買取業者に依頼すると廃車にかかる費用がかからないことも多く車にも買取価格がつくため廃車買取業者に依頼することをおすすめしています。

Q

買取を行っている店舗によっては独自の基準を設けているところもありますが、車の査定基準は基本的には決まっています。多く買取店で行っている査定の基準は日本自動車査定協会(JAAI)の「中古自動車査定制度」という、経済産業省と国土交通省が指導している制度がよって適正な流通が行われるように基準が決められているのです。

Q

車検がすでに切れている場合は公道を走れません。車検切れの車を運ぶ対処法は2パターンあり、1つ目は”自動車臨時運行許可制度”というものがあり、各市町村の役場で仮ナンバーを発行してもらえますので、取得したナンバーを付け工場に持っていく方法。2つ目は車検を依頼するディーラー・店舗に車検が切れている旨を伝え、キャリアカーなどで運搬して貰う方法となりますが、運搬してもらうと費用負担が増えてしまうため、仮ナンバーを取得方法が一般的といえます。

Q

2019年に税制が大きく改定され、「自動車取得税」は廃止となり、代わりに「環境性能割」が課されるようになりました。現在の車にかかる税金は主に【自動車税/軽自動車税】・【自動車重量税】・【環境性能割】・【消費税】となっています。そして新規登録から13年以上経過したガソリン車・LPガス車は自動車税が重課されます。

Q

車検証の住所変更をしないままでいると、法律違反となってしまいますので、速やかに手続きを行いましょう。そのまま放置していると、自動車税納付書が前の住所に届き滞納してしまったり、車を手放す時に車検証の住所と現住所の違いについて書類を用意し証明する必要が出てきますので様々な手間がかかります。また、住所変更の必要性を知っているにも関わらず放置していると10万円以下の罰金の支払いが生じることもありますので手続き関係はできる限り期限内に済ませましょう。