愛知県で廃車手続きと費用を抑える方法

愛知県で行う廃車手続きの方法(永久抹消登録の場合)

廃車予定の車をスクラップにする

廃車を行うには書類の手続きを行う前に、先に車をスクラップ(解体)しなくてはいけません。
スクラップにした後でナンバープレートと解体証明書をもらいます。
これらが無いと後日、陸運局で廃車手続きを行っても書類不備で手続きが完了しません。
忘れずにもらいましょう!
※上記は永久抹消登録の場合です。参考:「永久と一時抹消登録の違い」

 

管轄の陸運局で廃車手続きを行う

車を解体し終わったら、後は管轄している陸運局で書類上の手続きを行います。

 

廃車費用は自分で全て行った場合2万円前後
廃車の書類が面倒で代行してもらった場合は1万円高の3万円前後となります。

>>費用をかけずに廃車手続きを行う方法

 

管轄の陸運局は解体した車のナンバープレートに書かれた地名です。

 

名古屋ナンバー

名古屋ナンバーの車を解体した場合、名古屋陸運局で手続きを行います。
管轄している区域は、名古屋市、常滑市、半田市、東海市、津島市、知多市、日進市、豊明市、愛西市、あま市、弥富市、長久手市、海部郡、愛知郡、知多郡

尾張小牧ナンバー、一宮ナンバー

尾張小牧、一宮ナンバーの場合、尾張小牧陸運局で手続きを行います。
基本的に1陸運局辺り1ナンバーが管轄ですが、一宮市が以前尾張小牧ナンバーであった影響で、
ご当地ナンバーの一宮ナンバーもこちらが管轄なっています。
区域は、瀬戸市、犬山市、春日井市、小牧市、江南市、尾張旭市、稲沢市、清須市、北名古屋市、岩倉市、西春日井郡豊山町、丹羽郡扶桑町、丹羽郡大口町、一宮市です。

三河ナンバー、豊田ナンバー、岡崎ナンバー

三河、豊田、岡崎ナンバーは三河陸運局が管轄になっており、こちらで手続きを行います。
豊田・岡崎ナンバーはご当地ナンバーです。
区域は、碧南市、安城市、刈谷市、知立市、西尾市、高浜市、みよし市、額田郡、岡崎市、額田郡幸田町、豊田市です。

豊橋ナンバー

豊橋ナンバーは豊橋陸運局管轄で、こちらで手続きを行います。
管轄区域は、豊橋市、豊川市、新城市、蒲郡市、田原市、北設楽郡東栄町、北設楽郡設楽町、北設楽郡豊根村です。

 

該当する陸運局で手続きを行う

自分で手続きを行う場合、陸運局で手続きを行います。
詳細な廃車手続きの方法は、こちらからどうぞ。
廃車手続きの流れ

 

陸運局は平日しか空いてないので、注意が必要です。
また、月末は混み合いますのでなるべくそれ以外の日を選びましょう。

愛知県で廃車手続きの方法と費用を抑えるテクニック | 廃車手続き.name関連ページ

東京都内で廃車手続きを行う方法とかかる費用
東京都(品川ナンバー、足立ナンバー、練馬ナンバー、多摩ナンバー、八王子ナンバー)の廃車手続きやQ&Aについて紹介。廃車の方法だけでなく安く車を処分する方法や廃車費用・料金についても。
神奈川県で廃車手続きを行う方法と廃車費用
神奈川県(横浜・川崎・相模・湘南ナンバー)廃車手続きを行う方法と疑問点に答えます。廃車手続きの方法だけでなく、神奈川で廃車にかかる費用・料金や手軽に廃車手続きを行う方法も紹介。
大阪で廃車手続きを行う方法と費用を抑える方法
大阪府内「大阪ナンバー」、「なにわナンバー」、「和泉ナンバー」「堺ナンバー」の車を廃車手続きする方法や必要な書類、手続きの費用を抑える方法など効率的に、手間をかけずに廃車手続きをするためのガイドを紹介。廃車にする前にまずは読みましょう。
兵庫県で廃車手続き費用をタダにする処分方法
兵庫県内(神戸ナンバー、姫路ナンバー)で廃車手続きの費用・料金を掛けずにクルマを処分する方法を紹介。手間のかかる廃車の手続きを効率化させて車を手軽に処分しましょう。廃車手続きにかかる費用や代行費用についても紹介。
埼玉県で費用をかけずに廃車手続きを行うには?
埼玉県内(大宮ナンバー、春日部ナンバー、所沢ナンバー、熊谷ナンバー)で廃車手続きを行う方法・手順・費用を紹介。更に費用をかけずに廃車手続きを行う方法もあります。