【費用節約】失敗しない廃車手続きの方法

廃車手続きで費用を節約する方法

廃車費用を節約する方法を教えて下さい

節約の方法は実に簡単です。車を売れば良いのです。
車買い取り業者に売ることで廃車費用をかけずに車を処分することができます。

 

>>廃車の車でも高額買い取りを行う業者を探す

廃車には、
・お金がかかる
・書類が多かったり手続きが煩雑

といった苦労があります。
確かにお金は数万円という大きな額でかかりますし、
平日しか開かない窓口に煩雑な書類を書いて提出しなくてはならないものです。
通常の家庭からするとかなり苦労のかかる仕事になるでしょう。

 

しかし車を売ることができれば、
・お金はかからない。売るのでむしろお金をもらえる
・廃車ではないので廃車手続きはいらない。売買手続きも無料で業者が行う

ので、廃車の苦労と比べると圧倒的に苦労は少ないでしょう。
買い取りの査定はほとんどの業者で出張査定を行っているので、
売る側の私達にとって実質的な苦労はほぼ無いと考えても良いでしょう。

売ることでいくら位節約になるの?

通常の廃車手続き

買取業者で廃車処分

解体費用

-1万円

0円

リサイクル料金

−1.1万円

0円

行政書士代

-1万円

0円

抹消登録書類代

-350円

0円

買い取り代金

0円

+1円〜

合計

約3.1万円の支払い

1円以上の受取り

※ホンダ・フィット1.3の場合。

 

解体や買い取りをお願いする業者によりますが、上記の試算の場合3.1万円は節約したことになります。
車体が大きかったり上級な車になるほど解体費用は増し、逆に買い取り代金も増えるので、節約できる金額は更に広がっていくので、廃車にするメリットは無いでしょう。また、車を売らないデメリットもありません。

なぜ廃車の車が売れるの?

車買い取り業者は廃車の車でも金額をつけて買い取ります。

その理由は、
・海外に高値で売ることができるから
・車をバラしてパーツを売ることができるから

です。

 

海外に高値で売ることができる

日本で走っていた車は海外で大人気です。
まず、日本産の車は「質が良く頑丈」ということで有名です。10年以上でも平気で動く車が多く、その質の高さで人気を博しています。
また日本の車検制度の厳しさは世界最高水準。更に道路の舗装も綺麗な道が多いため日本を走っていた車は劣化が少なく、綺麗で長持ちするのです。

 

それらの理由で日本車は海外で非常に人気で、業者は海外で高く売ることができるため業者は廃車の車でも、値段を付けて買い、故障・破損箇所を修理したうえで海外で高値で売るのです。

 

車をバラしてパーツを売ることができる

フロントが大きくひしゃげた車でもパーツ自体が完動すればそれは価値があり、中古品として販売することができます。それらを見越して業者も車を買取りを行うため、大きな事故で壊れた動かないような車でも価格を付けて買い取りが行われる場合もあります。

 

古い、動かないというように価値がないと思っても売れる可能性もあります。
まずは車を売るために見積りを出してみましょう。

 

>>高額買い取りを行う業者を探す