廃車にするか車検を受けるか

現在、15年落ち18万kmのフォルクスワーゲン・ポロに乗っています。近々車検を迎えるにあたり見積りを出したら、40万円でした。修理すべき部分が多く、特にエンジン内部の修理が必要とのことでこの値段になりました。これだけお金がかかるのであれば廃車にしようとも考えているのですが、愛着があるゆえになかなか廃車に踏み出せません。どうすればよいでしょうか?

こんな質問をいただきました。
正直、「廃車にしたければして、廃車にできないのであれば乗り続けましょう」が真理なのですが、
これでは回答にならないのでもう少しマジメに書きます。笑

 

まず15年落ち18万kmとなればきっと国産車でも不具合は出てくるでしょう。
ポロでそれだけ走っているのであれば修理は免れません。
では廃車にすべきかとうとそうでもなく、
それだけ乗るのであれば自分で修理ができるかどうかがひとつの基準になるでしょう。
短いスパンで定期的に車の故障を自分で見つけて、
細かく不具合を直していくことができると車は断然長持ちします。

 

18万kmも走り、これからも走っていくとなればこれから予想もできない大きな故障もあるでしょう。
そうすれば修理代がかさむのは必至です。
もしこれからも乗って行きたいというのであれば、
その修理代をカバーするために不具合を自分でチェックしこまめに直して行きましょう。

 

古い車

 

逆に、自分で車のチェックができないとなると、修理代が増えていく一方です。
燃費も良くないでしょうし、早めに廃車することをおすすめします。

 

ただ、「修理代がいくらかかろうと愛着のほうが大切だ」という考え方もあると思うので、
あくまで修理代>愛着の場合の話で、その場合には廃車をおすすめします。

 

廃車費用の相場は自分で行った場合は2.1万円、代行してもらっても3万円程度です。
数十万円する車検費用と比べると廃車の費用は圧倒的に低いコストです。
少しでも乗り換えをお考えであれば廃車の方がトータルコストは低くなるでしょう。