事故の廃車費用の負担は誰が払うか

事故に遭った!廃車費用の負担はどうなる?

廃車手続きの費用を0円にするテク

事故に遭って、完全に相手側に過失がある場合、廃車費用どうなるのでしょうか?

あるケースに沿って紹介します。

・交差点の一時停止で止まったら後ろから追突されて電柱に激突
・フロント大破で自走不可
・完全無過失

このような場合の負担について述べます。

 

相手の過失割合が10割の場合、
原状回復分の支払いを全額受けられることが法的に決められています。
つまり、「その事故が無かったら払う必要のなかったお金」を受けることができます。

 

例えば今回の場合ですと、
走行ができなくなった車と同じ程度の車の購入費用や
購入から乗り始めるまでにかかる諸費用はもちろんもらえます。
そして問題の走行ができなくなった車の廃車費用ですが、
こちらも「事故が無かったら支払う必要のないお金」という扱いなので、
廃車までにかかったレッカー代と合わせて合計金額が請求可能です。

 

支払いまでのやり取りは相手側の保険業者と行うことになると思いますが、
その際廃車代金の支払いを初めは認めないという業者も多いと聞きます。
しかし法律上は受け取ることができる代金なので、
しっかり明細を読んだ上で廃車手続きの費用が含まれていなかった場合は請求をしましょう。
請求があった場合に検討するというケースも多いです。

 

そのような際に、より廃車代金を全額もらえるようにするためには交渉が必要となります。
というのも、上手く丸め込まれて「もうすぐ売る予定だった」という評価が下れば
廃車費用が「事故があってもなくても、すぐに支払う予定だったお金」ということになり
廃車費用が支払われなくなります。
したがって、廃車代金の交渉の際には「あと◯年は乗るつもりだった」
と伝えて、ここで廃車費用がかかることは想定外であるということをアピールしましょう。

 

当然ですが、相手の保険会社はなるべく賠償したくないと思っています。
そのことに関して相手はプロですので、うまく丸め込まれないようにしましょう。