廃車費用相場と安く廃車手続きを行う方法

廃車費用の相場

廃車費用を抑える

事故でフィットが全損してしましました。動かないので、廃車にしようと思っているのですが、廃車にするのに費用っていくら位かかるものですか?
廃車費用の相場

廃車にかかる費用はいくつかの要素が含まれて総額となります。
質問者の方は事故による全損なので、永久抹消登録の費用を計算します。

 

ホンダ・フィットの廃車費用(書類代行を行った場合)
解体費用:約1万円(普通車)
リサイクル料金:1.1万円
書類代行代:約1万円
------------------
合計:約3.1万円

廃車にする人の多くはこの方法で手続きを行っていて、
解体して、リサイクル料金を支払い、書類代行を頼んで処分しています。
というのも、書類の書き込みや提出が非常に面倒なのです。
書類手続きを自分で行うと、費用は以下の通り。

 

ホンダ・フィットの廃車費用(全部自分で手続きを行った場合)
解体費用:1万円(普通車)
リサイクル料金:1.1万円
書類代:350円
------------------
合計:約2.1万円

1万円も安いのは良いですが、手続きが面倒です。
平日しか開いていない陸運局でナンバープレートを返却し、
永久抹消登録の申請書を記入、更に手数料納付書や車検証、解体証明書(解体業者からもらいます)、印鑑証明書などを提出します。
その後「重量税還付金申請書」をもらい、記入して提出すれば、
すでに支払っている次回車検時までの重量税分が還付されます。

 

たくさんの書類に記入し間違いなく提出しなくてはいけないため、
手続き終了までにかなり時間はかかるようです。

税金とか保険額とか、戻ってくるらしいのですがどのように手続きをすればいいですか?

廃車前に行った車検時に支払っている「自動車税」と「重量税」、そして「自賠責保険」が戻ります。
いずれも重量税還付金申請書の提出と同時に還付が決まります。
自賠責保険も、解約するためにわざわざ新しい書類を提出する必要はありません。

廃車費用をかけずに廃車処分を行う方法

廃車予定のクルマも、売ってしまう

 

廃車費用を抑える方法を教えて下さい

廃車費用を抑えるための一番方法は、車を売るという方法です。
「廃車のクルマが売れるわけ無い」と思うかもしれませんが、実際に売れるのです。

>>廃車のクルマが売れる理由


結局、「車を処分するためにお金がかかる」のであれば、「車を売ってお金をもらう」事で廃車費用を抑えることができますね。

廃車のクルマはどこで売れるの?

基本的に、「中古車買取業者」の多くは廃車の車を買取ってくれます。

 

しかし、廃車の車はどこでも買い取ってくれるという事ではありません。
やはり綺麗な車よりも価値的には下がるので、買い取ってくれる業者/買い取らない業者あります。
「絶対この業者は廃車の車を買取る」という業者は無いので、
それぞれの業者が買い取ってくれるか確認する必要があります。

 

その時に便利なのが一括査定サービスです。
査定申込みをすれば自動的に査定依頼が買取業者に送られて、
後は提示された査定額を見て車をいくらで買い取るかを比較するだけです。

 

歯医者費用を抑える方法

 

最大で10社の中古車買取業者の査定を受けることができるので、
一番高い買取額を出す業者を探すには十分な業者数の査定を受けることができます。
利用は無料で時間も3分で終わるのでオススメです。

廃車のクルマを買い取ってもらえる理由

  • 動けば、海外で高値で売ることができる
  • 修理して動けば、国内で激安車として販売可能
  • パーツを外して一部再利用可能

日本の車検制度の厳しさと路面状況の良さは世界トップクラス。多少壊れていたとしても「日本で走っていた車」というだけで世界では価値が付きます。
ボロボロな外見で日本では走れないとしても、少し修理して動けるようになれば世界では買う人がいるので、中古車買取業者は買い取ってでも引き取るんですね。

解体費用の安い解体業者を探す

廃車費用で一番差が出るのはここです。業者によっては2千円で解体を行う業者もあります。
そこは地域や解体業者のビジネススタイルによって変わってくるので、
廃車費用に一番影響のある部分は解体費用を抑えるというところにあるでしょう。

 

ただし、あまりに安すぎる解体業者ですと、他の所でふんだくられていたり書類もらえなかったり・・・
と少し不安にはなります。
値段を抑えるために費用の安い解体業者を利用するなら、
しっかり廃車手続きの方法を学んでからにしてくださいね!