廃車にかかるリサイクル料金と重量税

廃車手続きにかかる「リサイクル料金」とは?

リサイクル料金とは何ですか?

その自動車個体の最終所有者が処分する際に負担する料金のことです。
自動車を解体すると、エアコンのフロンガスやシュレッダーダストなど様々な有害物質が
外に出るためそれをしっかり処分するための費用という事で負担することになっています。

 

リサイクル料金は2005年に施行された自動車リサイクル法で決められているため、
それ以前のクルマをお持ちの方はリサイクル料金を支払っていない場合が
ありますので注意が必要です。
支払った時にもらえるリサイクル券の有無を確認しましょう。
2005年以降に購入した車は購入時に店舗で支払っているはずです。

 

リサイクル料金の支払は解体する時の最終所有者が行います。
したがって解体を行わない、一時抹消登録の最終所有者は負担する必要はありません。

リサイクル料金はいくらですか?

リサイクル料金は車種によって異なります。
自動車リサイクル促進センターが運営するサイトの方で
車種別のリサイクル料金を調べることができます。

 

以下は一部の車両のリサイクル料金の例です。

スズキ・ワゴンR

ホンダ・

フィットハイブリッド

トヨタ・カローラ

フィールダー

マツダCX-5

ワゴンR リサイクル料金

フィットハイブリッド リサイクル料金

カローラフィールダー リサイクル料金

CX-5 リサイクル料金

8,800〜9,650円

10,580〜11,510円

11,100円

12,030円

 

ホンダ・フリード

日産・セレナ

トヨタ・クラウン

アスリート

フォルクスワーゲン・

ゴルフ

フリード リサイクル料金

セレナ リサイクル料金

クラウンアスリート リサイクル料金

VWゴルフ リサイクル料金

12,040円

12,540円

14,240円

14,900円

ボディの大きさによって料金は変わりますが、せいぜい5,000円程度の違いですので
購入を左右するような金額ではありませんね。

重量税還付とは?

自動車リサイクル法施行でリサイクル料金の支払いが始まってから、
同じタイミングで自動車重量税還付金制度という制度が始まりました。

 

自動車重量税とは、購入時とその後は車検時に次回車検時までの分を支払う税金ですが、
廃車にする際に車検までの期間がまだ残っていた場合、
その分の金額が還付されるという制度です。
そもそもこれって還付されて当たり前では?と思っていたのは私だけではないはず・・・(笑)

 

この還付は陸運局ですべての書類が揃い手続きが完了した後に、
還付申請書という書類がもらえるので記入して後日指定口座に振り込まれます。