車の永久抹消と一時抹消の違い

永久抹消と一時抹消の違い

永久抹消と一時抹消の違いは何?

簡単に言えば、
「車が存在しているかいないか」の違いです。

 

一時抹消は、車が存在している状態でナンバーを外し管理している陸運局に返却します。
もちろんナンバーがついていないので、公道を走ることはできません。
なお、一時抹消をしている期間は税金はかかりません。

 

永久抹消は、解体業者ですでに解体処分した状態でナンバーを返却することです。
一般的に言われている「廃車」というのはこちらのことで、
以前このページで紹介した「廃車手続きの流れ」もこの永久抹消の流れを説明したものです。
車を業者で解体した後に手続きを行うため、再度の登録や走行は不可能です。

永久抹消の特長と、目的は?メリット・デメリットは?

永久抹消の特長は、「再度の車両登録が不可能」ということです。
例えば、公道を走るつもりは無いけど私道を走るという方は一時抹消を選べますが、
永久抹消の場合、車を解体した後で車が存在せず、走行もできません。
そのため再度車両登録もできず、もうその車に乗ることは無いという人が取る方法です。
永久抹消登録には車両の解体後、解体業者からもらう「解体証明書」が必要です。

 

永久抹消をする人の例は、

  • 事故で車が大破。修理する気も無く、もうその車両に一生乗ることが無い。
  • 乗っている車がボロすぎて、故障も多い。もうほとんど動かない。

で、特に事故で廃車にする人が多いです。
ただ、最近は事故車でも故障車でも買い取ってくれる中古車業者が増えているので、
永久抹消手続きで廃車にする人は減っているようです。
>>費用をかけずに廃車手続きを行う

 

 

永久抹消するメリット
  • 税金がかからなくなる
  • 身軽になる(駐車場代がかからないなど)
  • 重量税の還付金を得られる(車検が1ヶ月以上残っている場合)

 

永久抹消するデメリット
一時抹消の特長と、メリット・デメリット

一時抹消の特長は、「再度車両登録が可能」な点です。
永久抹消と異なり、解体をせずにナンバーだけ外して公道を走れなくなっただけなので、
車両そのものは存在します。
なんらかの理由でもう公道を運転することがなくなった人がこの一時抹消を行います。

 

「一時抹消」なので、もちろん再登録は可能です。
その場合はもう一度車検を受けて通過することでナンバーが付与され、
公道での走行が可能となります。

 

例えば中古車屋さんに行ってナンバーがついていない車がありますよね?
あれは一時抹消登録をされた状態になったものです。
購入時に車検を行いナンバーが付与(=再登録)され納車となります。

 

一時抹消をする人は、

  • 長期保管する(出張など。将来的に再度の使用を考えている)
  • 車を見ず知らずの人に譲渡する(オークションなどを用いての売買など)
  • 今乗っている車を私道内のみで走行する(工場などの敷地内のみで使用)

などです。
いずれも、抹消後も車を走行させる予定のある人で、
なんらかの用事で公道をしばらく走行しない人です。
もう使用するかどうかは分からない人は、
とりあえず一時抹消をしてから、その後解体・永久抹消という方法を用いると良いでしょう。

 

 

一時抹消のメリット
  • 税金がかからなくなる
  • 解体するか分からなくてもとりあえず抹消できる
  • 使いたいときに再登録が可能

 

一時抹消のデメリット
  • 車そのものは残っているので、駐車場代金はかかる
  • 車検が残っていても、重量税の還付金がない(永久抹消にはある)