廃車費用をかけずに処分の手続きを行う

廃車にかかる費用

廃車手続きにはいくらくらい費用がかかりますか?

普通車の場合、全部で1万円〜1.5万円が目安です。
車の状態・年式、自走の可否、書類代行の有無などによって異なります。
上記の料金は自走可で書類等すべて自分で行った場合です。
時間的な問題や手間などから自分で手続きをすべて行う人はいませんので、
実際はこれ以上の金額になります。

 

なお軽自動車の場合は3千円程度安くなります。
逆に輸入車は5千円〜1万円程度高くなります。

廃車費用を安くする方法は?

廃車費用は上記に上げたとおりですが、これは一般的な方法。
これ以外で、費用がかからない廃車手続きの方法があります。

 

それが車を売るという方法です。
廃車の目的は「車を処分する」という事なので車を売る事ができれば処分はもちろん、
費用はかからずにむしろプラスになってしまいます。

 

「廃車の車なのに売れるわけ無いじゃん」と思うわれるかもしれませんが、本当に売れるんです。
というのも、日本の車は海外で高値で売られるからです。
日本の車は整備された道路であったり厳しい車検制度のもとで走っているので
多少走行距離が高くても質が高く海外では重宝されています。
故障車に関しても、少し修理すれば
走ることができる車が多いので廃車買取業者は値段をつけます。

 

また、ひどい故障車でもスクラップにしてパーツを再利用する事ができるので
業者にとっては価値があります。
そのため廃車にする車両でも価格がつくのです。

 

廃車の車を売ることで、
廃車費用はもちろん面倒な廃車手続きを行うことも無くむしろお金が入るので
この方法はオススメです!

エリアによって廃車の費用は違うのですか?

エリアというよりもスクラップをしてもらう業者によって異なります。
費用は5千円〜1万円程度です。
範囲が広いですが、それも業者によって費用は違います。
とにかく安く済ませたい!という人は事前に確認しておきましょう。

 

費用はスクラップ(解体)費用とは別に、
属する都道府県の陸運局で手続きを行う際にも必要となります。
こちら、陸運局で支払う費用は全国どの都道府県でも違いはありません。
ただし手続きが面倒で窓口は平日しか開いていません。
手続きも段階が多いため大抵の人は業者に手続代行を頼むようです。

 

※必要な書類や準備をまとめた記事があるので、詳しくはそちらをご確認ください。
>>廃車手続きに必要な書類

 

この代行は行政書士に頼みますが、この費用がスクラップ同様業者によって異なっています。
地域によって相場は異なりますが、目安は1万円程度であると考えて結構です。

 

何か局地的に熾烈な競争が起きている場合意外は
エリアによって相場は異なるということは無いので
上に書かれた費用を参考にして廃車手続きを行なってください。